« 2016年5月 | トップページ | 2017年5月 »

2016年6月

2016年6月10日 (金)

2017冬支度〜その2

Genboke

 トラックに積み込まれた原木を見たときは量に圧倒されたが、地面に下ろしてしまうとこれっぽっちか、という感じだった。太さはまちまちで、細いものはうちのストーブにそのまま入る50cmに切るだけで薪になる。細いといっても、10cm以上の太さなので、火の保ちはいいだろう。昨日の夕方に届いた後、小雨が止んでいる時に、細めの木をおおよそ50cmの長さに切り、20数本の薪が完成した。

 束で買っていた薪は長さが40cmだったから、計算上は50cm4本で、5本分。束で買う薪は束の重さではなく、がっちりまとめて針金で巻いた針金の長さ、つまり束の円周が基準になっているため、何束に当たるのか単純に比較できない。木も林から切り出してきたばかりという木ではなく、しばらく時間が経っている木で、秋を迎えるまでにはさらに乾燥し、重量も減るだろうから、重さでの比較も単純にはできない。つまり2tの原木から取り出せる薪の量と、束で買う薪の量は計算できていない。まあ、どうでもいいか。それより、この木を薪にする作業が待っている。

 細めの木を切り終えた後、太めの木を切りにかかったが、チェーンソーが焼きつきそうになり、切れなくなってきたので作業をやめた。原木の山は減ったようには見えず、これから相当太い原木を玉切りしていくのは、私にもチェーンソーにもきつい、時間のかかる作業になりそうだ。

Img_6510

 今日は朝から天気が良いので、ソーチェーンの目立てをしてから、玉切りを始めよう。力のない、ホビー用のチェーンソーが働ける仕事量はたかが知れているから休み休み切っていくことになる。作業が進むうちに目立ても上手くなるだろうと期待しているのだが・・・ つづく

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

2017冬支度〜その1

 梅雨に入ってからも、日中はカラッと晴れたりする日が多く、木々に覆われた山の家の中は適度な湿度で気持ち良いが寒い。このひんやりとした清涼感は夏になっても変わらないだろうと期待している。ただし、着るものの選択が難しく、家の中で過ごしている分厚いフリースに防寒ズボンという格好で買い物に出たりすると周囲の人が皆半袖か、せいぜい薄手の長袖なので場違いな思いをする。

 そんな初夏の毎日をのんびりと過ごしていると、毎年次の冬用の薪を手配してくれている管理会社から薪の注文の連絡が来た。これまでは毎年100束から150束も頼めば少し余らせて次の年につなぐことができていたが、今度の冬はそういうわけにはいかない。単純にこれまで毎月来ていた日数と毎日ここで生活する日数とから計算すると、1000束くらい使う計算になる。これは年金生活者としては問題外の光熱費になるわけで、餓死か凍死かの選択になりかねない。灯油のヒーターは山の生活に似合わないと、この14年間で2回しか使ったことがないが、そうも言っていられない状況だ。ただ、それも灯油の価格が上がりつつあることを考えると生活スタイルを転換すれば済むという容易な話ではなくなる。

 そこで、今年はナラ、栗の原木を買って、自分で冬の薪を作ることにした。それだと、当然だが1束分の単価をかなり抑えることができる。机の上ではそういうことになるのだが、いざ原木で買うとなると、原木を玉切りし、斧で薪割りをするという作業をひと夏かけて行わなければならない。その作業をする前に、届いた原木を置く場所を用意しなければならない。幸い、うちの私道を挟んだ南側にもう一区画土地を買ってあり、原始林化していたその林を整備し始めていたところだったため、原木置き場兼薪作りスペースをハイピッチで行った。

Img_0723

 実生の低潅木はズバズバ伐り、生い茂ったクマザサや朝摘んでも午後には伸びているコゴミや、どこでもカマグビをもたげるマムシグサは刈り払い機で刈り取り、土に返すべく、別のスペースに移動し、4mくらいに切った原木2tというのがどのくらいのスペースを必要とするのかわからないがとりあえず、私道に面した部分に空き地を作った。小一時間動き回ると、懐かしのウィンドブレーカー(わかる人だけがわかるネタです)の内側がびしょびしょになり、この後のノンアルコールビールがうまい。一方で、届いた原木を玉切りするためにチェーンソーの整備もする。目立てをして、50:1の燃料を作っておく。同じハスクバーナの壊れたチェーンソーがもう一台あるので、こいつも使えるように整備しようと思っている。

Img_0722

 そして、とりあえず2tの原木が到着する。つづく・・・

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

筋力トレーニング

 時間が自由になって、何もすることがないかというと、確かに「しなければならない」ことというのはものすごく減り、せいぜいが2匹の犬の散歩と週に何回かのゴミ出しくらいしかmustなことはない。自由な時間が出来たらしようと思っていたこともなく、職場での最後の1、2か月は後任に迷惑をかけないように引継書を作り、新年度の出だしが楽なように準備をしていて、退職後のことを考えるような暇はあまりなかった。

 だから、今になって何をしていいかわからないので、とりあえず手をつけられそうなことをマイペースでやっているだけ。大した庭ではないのだが、FERMATAと一緒に、原始林のようになっていた林の中の下草を刈り、大木や綺麗な花を咲かせそうな木を残し、チェーンソーで低潅木や立ち枯れた木を伐採したりしている。必死になってやれば1日で片付きそうな分量の仕事だけれど、ガツガツせずに、のんびりマイペースで「疲れたな」と感じ始めるくらいのところでやめて、地下の倉庫で動いている冷蔵庫からノンアルコールビールを出してきてクイッと飲んで、鳥の声を聞きながら初夏とは思えない涼しい風に当たっている。

 ランナーだった頃の体ならFERMATAと2人で山岳トレイルっぽい高地トレーニングをするところなのだが、2010年に腰に入れたスクリューのおかげで歩けるけれど走るのは辛いので、昔の仲間が頑張っているのをFacebookなどで見ながら羨ましく思っているだけ。汗をかく庭仕事が終わると、音楽を聴いたり、楽器を弾いたり、DVDを見たりとはたから羨まれるような生活をして、寝たい時間に寝る。

 その楽器を弾くというのも実は数年前から手の力が衰えてきて、ギターの弦を一番細いエキストラライトにし、小まめに調整して弦高を下げたりしてきたのだが、特に庭仕事を始めてからは親指の付け根のあたりの関節が痛むようになって、あわてて筋力トレーニングを始めた。写真は、FERMATAが胸の手術をした後に早く回復するようにと友人がお見舞いにくれた握力をつけるためのグッズ。大事に取ってあったので、今、私が握っている。指輪みたいなのは指の関節をマッサージするものかな。

Img_0720

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年5月 »