« 2017冬支度〜その1 | トップページ

2016年6月10日 (金)

2017冬支度〜その2

Genboke

 トラックに積み込まれた原木を見たときは量に圧倒されたが、地面に下ろしてしまうとこれっぽっちか、という感じだった。太さはまちまちで、細いものはうちのストーブにそのまま入る50cmに切るだけで薪になる。細いといっても、10cm以上の太さなので、火の保ちはいいだろう。昨日の夕方に届いた後、小雨が止んでいる時に、細めの木をおおよそ50cmの長さに切り、20数本の薪が完成した。

 束で買っていた薪は長さが40cmだったから、計算上は50cm4本で、5本分。束で買う薪は束の重さではなく、がっちりまとめて針金で巻いた針金の長さ、つまり束の円周が基準になっているため、何束に当たるのか単純に比較できない。木も林から切り出してきたばかりという木ではなく、しばらく時間が経っている木で、秋を迎えるまでにはさらに乾燥し、重量も減るだろうから、重さでの比較も単純にはできない。つまり2tの原木から取り出せる薪の量と、束で買う薪の量は計算できていない。まあ、どうでもいいか。それより、この木を薪にする作業が待っている。

 細めの木を切り終えた後、太めの木を切りにかかったが、チェーンソーが焼きつきそうになり、切れなくなってきたので作業をやめた。原木の山は減ったようには見えず、これから相当太い原木を玉切りしていくのは、私にもチェーンソーにもきつい、時間のかかる作業になりそうだ。

Img_6510

 今日は朝から天気が良いので、ソーチェーンの目立てをしてから、玉切りを始めよう。力のない、ホビー用のチェーンソーが働ける仕事量はたかが知れているから休み休み切っていくことになる。作業が進むうちに目立ても上手くなるだろうと期待しているのだが・・・ つづく

|

« 2017冬支度〜その1 | トップページ

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017冬支度〜その1 | トップページ