« 二度目の春 | トップページ | GWと誕生日 »

2016年4月25日 (月)

男のおもちゃ2

「男のおもちゃ」と題して、ビクトリノックスのマルチツールナイフ Work Champ II について、以前書いた。私にとって必要十分なツールが詰め込まれたナイフで、仕事をしている時には手紙の封を切るためのハサミ、ワインのコルクを抜くときのコルク抜き、あとは宅配便が届いた時に箱の蓋をとめてあるビニールテープ(ガムテープなら指で割いていけるので使わない)を切るくらいしか使わなかった。週末、山の家に行くときは必ずショルダーの中に入れておいたが、やっぱりコルク抜きくらいにしか使わなかった。

 それが今、山の暮らしを始めてとっても役に立っている。小枝を切るノコギリ、ちょっとしたネジを回したり、針金を曲げたりするペンチ、そして何よりも年中引き抜いて使っているのがとげ抜き。なので、庭に出るときは首にかけている。なんて素敵な道具なんだろうか、と意味もなく握りしめていただけの生活から、なんて便利な道具なんだろう、と思いながら遊んでいる。これが以前書いた「男のおもちゃ1」のその後。

 今回の「男のおもちゃ2」は、ブラック&デッカーのマルチエボとワークメイト。どちらも甲府にいる時にすで買って、山の家に置いておいた。折りたたみ式の作業台ワークメイトの方を先に買った。作業台というと、自分で木材を買ってきて作ればいいような気もするが、このワークメイトは実に優れもので、「男のおもちゃ」度は非常に高い。作業をする対象、例えばチェーンソーの目立てをしようとすれば、ブレードの部分を簡単に固定することができるし、棚を作ろうとすれば、各部の材を自由に固定できる。二枚の板の間に挟み込むだけでなく、二枚の板に適当に開けられている穴に赤いレゴのようなプラスチック製のパーツをはめ込み、材の形や向きを考えて固定できるのだ。赤いハンドルを回して。作業効率は自作のテーブル式作業台に勝ると思う。収納時はパタンパタンと折りたたんで、ひょいと持って運ぶことができる。大して使わないかなと思っていたが、年中地下の物置から出して使っている。

 そして、今回の「男のおもちゃ」ナンバー1は、これもブラック&デッカーのマルチエボ。基本的には電動ドリル&ドライバーなのだが、ヘッドを変えることで、ノコギリ(ジグソー)、サンダーになる。これが基本セットで私は、工具入れのバッグがキャンペーンで付いているいる時に買ったので、このバッグに全てを収納している(多分使わないが、普通に売られている時に納められているプラスチックの専用ケースも付いている)。これだけでも、楽しくてたまらないのだが、オプションのヘッドがまだ他にもあり、丸ノコ、インパクトドライバー、インフレーター(空気入れ)も取り付けられる。近々、丸ノコが娘からプレゼントされる。丸ノコは分厚いものは切れないが、1×4の厚さならまっすぐに切れる。ジグソーではカーブのある形に切ったり、穴を切り抜いたりできるのだが、まっすぐに切れない。

 ということで、このマルチツールエボはとっても男の心をくすぐるおもちゃなのだ。Jobは楽しくしなくっちゃ。

 で、今日は40年くらい使っているロッキングチェアのセットのサイドテーブルの天板をマルチツールエボをサンダーとして使って、色が冷めたり、木目が毛羽立ったりしていた部分を削り落とし、仕上げ用の番数の高い紙やすりを買ってきてエボに付けてシューンと磨いて、オイルステインをかけただけ。私が学生時代の2台のロッキングチェアもこのサイドテーブルもいまだにバリバリの現役で、私よりも長生きするだろう。

Img_0591

ああ、楽しかったあ!

|

« 二度目の春 | トップページ | GWと誕生日 »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度目の春 | トップページ | GWと誕生日 »