« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月13日 (日)

ルーペを買う

 最近目が悪くなって遠いものもよく見えないが、近いものはもっと見えない。当然、万年筆のペン先など全然見えない。前回は、オリンパスOM-D E-M1でペン先を写した画像を拡大して確認したが、やっぱりちょっと確認したいという程度のときは面倒くさい。
 で、iPad用のルーペアプリを落としてみたが、とても実用にはならなかった。本当を言うと、工具などの道具好きの私はルーペも欲しかった。でもどれが一番いいものなのかよくわからなかったが、とりあえず天体望遠鏡などで名前も知っていたし、今年の冬に東京に帰ったときに会社が家からそう遠くないところにあるのを知ったVixenの10倍のルーペをAmazonに注文した。高いものじゃないし、とりあえず使ってみようと思ってポチッとしてしまった。使用後の感想は万年筆のペン先の話とともにまた書こう。

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

万年筆再び〜完了(3)

このペン先の段差がどうしてついたのか?
前の持ち主の癖が使い込むうちについた。この推測は銀の同軸やキャップの汚れ(錆)具合に比してペン先がきれい過ぎるところからみて、使い込んだ感じがしないので違う気がする。出荷時の検品がいい加減だった。これはあるかなと思う。まあ、とにかく段差を修正することができればいいので詮索はよそう。

まずペン先を万年筆本体から抜いて水洗いした。下がっている方を持ち上げるか、上がっている方を下げるか? どっちのせいでできた段差かわからないので、少しずつ力をかけて向きを変えやすい方にしようと思い、下がっている方を持ち上げることにし、何度かジワあっと爪先で力を加え、カメラのモニタで確認しながら繰り返した。

Image_4

こんなもんかなというところで、本体に付けて試し書き。なかなかいいじゃんじゃないか。ということで、危険な作業は終了した。裏から見ても段差がなくなって、ニブポイントがきれいな丸になった。

Image_5

ほぼ日手帳のトモエリバー(紙)は前の状態でも比較的書きよかったが、ガリガリして全然ダメだったMoleskineでもスルっと書けるようになった。PelikanToledoのヌラっとした心地良さにはまだまだだが、昔のParkerらしいといえば許せる範囲に入った。これであとはラッピングフィルムシートで磨き上げる作業。山にラッピングフィルムシートを持ってこなかったので、磨きは明日以降ゆっくりと取りかかろう。

自分で買った生涯最初の万年筆を、40年後、おそらく生涯最後の万年筆として入手した。大事に、そして大いに使わなきゃね。

万年筆がうまく使えないという人へ。愛着を持ってその万年筆を使い込んであげることが大事。コツなんかないです。万年筆に対して愛があるかどうかですよ〜

| | コメント (0)

万年筆再び〜調整(2)

2週間経って、書きやすくなってきたというものの、100%満足していない私はこの数日の間に、ペン先を研ぐためのラッピングフィルムシートを買って調整することにしていた。ただ研ぐ前にペン先の状態を見てみたかった。ペン先に段差がついている可能性をまず疑うべきだからだ。段差がついているものを、磨いてもあまり効果はないように思えたからだ。

ところがとても肉眼では見えない。最近とみに目が悪くなったので余計だ。通常、通の人たちは10倍くらいのルーペを持っている。買う時にも試し書きに加えてルーペでペン先の状態を確認するらしい。だからルーペも買っておこうかと調べると、これがまたピンキリでレンズのいいルーペはとても高くて、安物を買うのが嫌いな私には手が出ない。もう一つ手があると思っていたのだ。それがこれ(画像をクリックすると拡大します)。

Image_2

いいカメラがあるじゃないか。マクロで撮った写真を拡大トリミングしてある。

Image_3

これじゃ書き味が良いわけがない。この段差を修正することが最初の作業になる。

| | コメント (0)

万年筆再び(1)

30年以上前に買ったMontBlanc Meisterstuck149を始めとして、PelikanToledo M900、Parker Duofold Centennial Croisone といった高級万年筆や出る度に買っていたLAMYなどとっても使いきれないほどの万年筆を持っていて、もうさすがに万年筆は買わないと決めていたのに、2週間前Yahoo!オークションで、Parker75 SterlingSilverを落札してしまった。実はこの万年筆は2本目で、最初に入手したのは40年くらい前、京都で下宿暮らしをしていた時に今出川通の文房具屋で一目惚れして買った。その後、東京の大学に入って今は亡きPelikan500やMontBlanc Meisterstuck146を使いだし、Parker75は人にあげてしまった。それが最近になってまた欲しくなり、1993年に製造終了してしまった純銀製のこの万年筆を探し始めていたのだ。何せ古いものなので、ヤフオクでも程度はピンキリで汚いのからピカピカの未使用までたくさんあったが、通販だから試し書きができない冒険だった。私が落としたのは10000円弱だったが、まあまあの万年筆だった。

私の記憶に残っていたParker75と40年振りに再会したそれは実に別物のような気がした。細くて小さくて軽くて、一言で言えばちゃっちい万年筆だった。カートリッジインクを入れてペン先を湯にちょっと漬けるとすぐに書けるようになったが、ガリガリしていて、まるでGペンみたいな感じだった。それでも、手に慣れ出すと少しずつ使えるようになってきた。

Image


| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »