« 光と影を撮る | トップページ | ネルソン・マンデラと「インビクタス〜負けざる者たち」 »

2013年12月16日 (月)

OS X Mavericks と iMac27の不調

OSのアップデートにはかなり慎重な私なのだが、今回のOSX Marvericksは比較的早くインストールした。その直後から、iMac27 Late 2009の画面がブラックアウトするようになった。ブラックアウトしてもビデオなど観ていると音だけは聞こえており、command + Q を押すと立ち上げていたiTunesなどのアプリケーションは終了した。ただ画面が見えないからシャットダウンができず、電源ボタン長押しで強制終了するしかなくなった。

調子のいいときで数分、調子が悪いと起動後ログオンする間もなくブラックアウト、という状態が続いた。こういうときのおまじないみたいなPRAMクリアも何度も試したが全然効果なし。そういえば、Marvericksをインストールしたことによって、勝手にシステム環境設定が変わっていたのをインストール直後、まだ画面が見えていたときに感じていた。異常が生じたのは半日したくらいからで、発生した異常と対処したことを書き出してすぐにAppleサポートに電話をした。それでは原因の切り分けをしていきましょうとサポート氏。あれこれ指示どおりやったが全てうまくいかず、原因はシステムにはありません、と言われ、ピックアップして修理をするという「提案」をされた。49,350円でピックアップ、修理、お届けまで完全にするという提案。

そろそろ買い替え時期だと思っていたので、即答せず、Apple Storeで新しいiMac27をiPadで眺めながら悩んでいた。なぜなら、私はまだシステムを疑っていたから。何度か、ブラックアウトするのに少し時間があるときにシステム環境設定をあちこちいじっていた。同時に残容量が少なくなっていた1TBの内蔵HDDのデータを外付けのHDDに移したり、もしかしたらメモリが圧迫されているのではないかと重たいiMacをひっくり返して買ってから触ってもいなかったメモリを2枚抜いて、改めて差し直したりもしていた。あれこれ試して1週間以上が経ち、うちでは今、FERMATAがこのiMac27でテレビを見ているため、やっぱり買い直さないとならないかと覚悟を決め始めた。ほとんどApple Storeの購入ボタンをポチッとする直前までいって、お届け予定日が次の三連休でこのとき東京に帰っていることに気づいてやめた。FERMATAには、私のiPhone4Sにワンセグのセットを付けて、NHKの朝の連ドラを見てもらって我慢させた。

今、このブログの記事はブラックアウトしていたiMac27で書いている。実は、土曜日の午前中、起動した直後にシステム環境設定をいじっていてかなり設定を変えた。いつ画面が真っ暗になるかわからないので、どこをどう変えたのかメモをとっている暇はなく、私の記憶もすぐに飛んでしまうようになっているため、再現ができないのだが、とにかくいじくりまくって、再起動をかけた。その後、PRAMクリアを3回ほど連続してかけたら、それ以後、通常の状態に戻った。まだ、ブラックアウトの恐怖は残っているのだが、たぶん次は本当に逝ってしまうときだろうと感じている。

つまり、今回のOSX Marvericksはインストールするとそれまでの設定を変えてしまうのではないか、と思ってる。知識がないので証明できないがたぶんそんな気がする。とりあえず、今は、闇の向こうにちらちらと星明かりが見えている状態。

Pc080100

【ついでに】
iPhoneやiPadのOS7にも異常が出るものがあるのではないかと思っている。キーボードを叩いて、候補が出たときに選択すると、最後の母音が選択した単語の後ろにでるという不具合。具体的には、「kyouha」と入力して出てきた「今日は」を選択すると、アプリには「今日はあ」と表示されることが度々あるのだ。「これを」と入力、選択すると「これをお」となるのだ。文節だけではなく単語でも起きる。「森」→「森い」という具合。同じような不具合の報告を幾つか見ているのだが、起こっていない人もいる。たとえばFERMATAには起こっていない。しかし、アップデートした私のiPhone4Sも、最初からOS7搭載のiPad miniもどちらにも発生している。よくわからん。こちらは明かりも見えてこない。

|

« 光と影を撮る | トップページ | ネルソン・マンデラと「インビクタス〜負けざる者たち」 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光と影を撮る | トップページ | ネルソン・マンデラと「インビクタス〜負けざる者たち」 »