« iMac HDD交換プログラム | トップページ | Macユーザ候補生 »

2013年2月23日 (土)

iMac 復活

 iMacのHDD交換プログラムが実施されているが、そのことを知らないでいた。対象のiMacユーザにはメールが送られているそうなのだが、私にはきてない気がする。読み飛ばしてしまったのかもしれない。私の場合、ずいぶん前からiMacの調子が悪くなり、ATOKでの文字入力さえ、キーボードで叩いた文字の表示に時間がかかっていた。液晶パネルの一部にシミのような影も出始めていたし、新しいiMacも出たことだし、光学ドライブがないのは気に入らないが買い直すしかないかと思っていたところだった。

 偶然にも、iMacのHDD交換プログラムが行われていることをネットサーフィンしていて知り、調べると私のHDDも交換プログラムの対象だったため、アップルサポートの問い合わせで、電話番号を入力すると送信した直後にアップルから電話があった(17日(日)の朝)。そこからはとんとんと事が進み、翌日18日の昼過ぎにピックアップ、19日に修理、発送、20日昼には戻ってきた。中1日で、こちらはほとんど動くことなく、私のiMacはHDDの換装を終え、元気になった。
 
 ちなみに、復元でちょっとつまづいて、TimeMachineのデータが読めなくなり、冷や汗をかいたが、command+Rを押し続けて再起動し、TimeMachineからの復元を選んで、事なきを得た。750GB/1TBのデータの復元だったから相当長くかかるだろうと思っていたが、半日で入院前のiMacが完全に復元され、新たにソフトウェアのインストールや、パスワードの入力など面倒くさいことは一切せずに済んだ。調子はすこぶる良い。液晶上のガラスもぴかぴかだし、当分は2009年後期のiMacでまだ十分、と思えてきた。
 
 液晶のシミは有償修理で5万円弱だと知らせてきたが、使用上特に支障はないのでこのままでいくことにする。
 

|

« iMac HDD交換プログラム | トップページ | Macユーザ候補生 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iMac HDD交換プログラム | トップページ | Macユーザ候補生 »