« 鉄道おもちゃフェスティバル | トップページ | iMac HDD交換プログラム »

2013年1月27日 (日)

Appleの明日

 Appleの株価が下落しているというニュースがニュースサイトのヘッドラインを飾ったのはつい先頃のこと。予測記事が出ていた当初は反Apple包囲網の策略かと思ったりもしていたが、最近のAppleの行き方を見ていて仕方ないことだとも思っていた。

 卑近なことから言えば、安曇野に来てから買ったiMac27インチの調子が悪く、新しいiMacを買おうと思っていた私は今度のiMacから光学ドライブがなくなったことに大きな疑問を感じていた。今はiMacとMacBook Airの2台体勢なのだが、そもそもMacBook Airには光学ドライブがついていない。しかしそれは母艦の光学ドライブを利用してデータの取り込みやインストールができるところが画期的だったのだ。だからこそAirという名前が生きていたのだ。ところがiMacに光学ドライブがなくなればMacBook Airは母艦を失うのだ。AppleとすればHDDと同様に光学ドライブもなくなる未来のあり方を先取りしたのだと言いたいのかもしれないが、Blu-rayを搭載したiMacを予想していた私としては、Appleの読みが行きすぎであると思わざるを得ない。音楽も映像も今やダウンロードする時代だ、と言うにはコンテンツが揃っていなさ過ぎる。古いCDをiTunesに読み込ませたいという人にはオプションで光学ドライブを用意しています、では全くAir構想と逆行する。それでもユーザは背に腹はかえられずに光学ドライブを買わされることになるのだろう。そこが気に入らない。
 しかし、もっと心配なAppleの明日は、iPhoneといい、iPad miniといい、機能的にも不十分な製品を浮き足だった(そう見える)経営方針で世の中に出してしまうところなのだ。追放されていたジョブズが戻ってきてからのAppleはいつだってユーザの意識の先を行き、Appleがユーザを変革してきた。初代のiPhoneもiPadもそういう製品だった。「iPhoneは電話の再発明」だった。その後、他社は皆Appleに追随し、恥ずかしげもなくiPhoneと瓜二つの製品を出してきたのだ。
 かつてのAppleならiPhone5はユーザが度肝を抜かれ、他社に衝撃を与えるような製品でなければならなかった。なのに、同じ土俵で、速さだのちょっとしたデザインの変更で対処しただけのつまらない商品を市場に送り出してしまった。そこが失敗だったのだ。確かに今のところまだiPhoneにアドバンテージがあると思う。しかし、最早本質的な部分の優位ではなくなっている。
 また、ジョブズが嫌ったiPad miniも売れ筋のサイズにAppleの選択肢を加えただけだった。iPad2あたりから、私も小さなiPad miniが欲しかった一人だし、miniが出てから、何度もカートに入れたり削除したりしてきた。しかし、今は思いとどまって良かったと思っている。それは、ディスプレイがRetinaでないからというレベルの話ではないのだ。同じサイズで出すのなら、電話機能を持たせて、Bluetoothイヤフォンでしゃべりながら、別の仕事も続けられるようなタブレットだったり、とにかく普通のユーザなら思いつかないような新規性を持つ必要があったのだ。昔からAppleのノートパソコン(AppleはBookと呼んだが)はDuoを除けば重たいものばかりだった。だからこそ、MacBook Airが出たとき、まるで未来の機械のような気がした。iPad miniはユーザの意識の及ばないような先を行ったタブレットでなければならなかったのだと思う。iPadを小型化するだけでは、既成の小型タブレットの世界に加わるだけなのだ。
 光学ドライブをやめてしまうのならそれはそれでいいから、iTunes Storeで買ってくださいではなく、もっと手品みたいな手当をする必要があるのだ。ジョブズとともにAppleは終わったのかなとつくづく感じてしまう。明日が全然見えてこないAppleの製品なんて、選ぶ意味がないじゃないか。

|

« 鉄道おもちゃフェスティバル | トップページ | iMac HDD交換プログラム »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

今までは《iPhone》と聞くだけでわくわくしていたのに、いつのまにか他社のスマホと同じ土俵に立っている《iPhone5》
まぁ…これからも私はiPhoneを使い続けるんだろうけど。。
記事読んでたら切なくなりました。
>Appleはいつだってユーザの意識の先を行き、Appleがユーザを変革してきた。

投稿: Sir0723 | 2013年1月28日 (月) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄道おもちゃフェスティバル | トップページ | iMac HDD交換プログラム »