« 雨のち晴れ | トップページ | 安曇野に春が来た »

2012年4月18日 (水)

壇香梅

P4150094

 ほとんど花が咲いていない八ヶ岳南麓だったが、その中でFERMATAが根性で見つけ出したダンコウバイ(15日撮影)。パチンコ玉くらいの小さな花だが、トリミングして拡大してある。レンズは前のグラス類を撮ったときと同じ45mmの望遠単焦点レンズ。クリックするとさらに大きくなります。+マークが出ればもっと大きくなります。

 これは悩んでいる方へのメッセージです。女性でも簡単にこれだけ撮れるという…

|

« 雨のち晴れ | トップページ | 安曇野に春が来た »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

いかんなぁ、壇香梅で物欲親父になっちまった~、気がついたらD5100の105やら、単焦点やら、フードやら、プロテクタやらを
ボタン押しちまったみたいだ~、OM-Dのシルバー直ぐ手に入んないのが悪い~、ん~、ン~、しゃあない~、口径あってんのかなぁ~、ウム~、ン~~、この程度なら経済力に物いわしたるワ~、ウ~、久しぶりのワインが効いたか~~、ン~、明日の夕刻着か~、ン~~~

投稿: 赤蜻蛉 | 2012年4月20日 (金) 23:48

赤蜻蛉さん

Nikon D5100による一眼レフ入門おめでとうございます。この間コンデジの写真を見せてくれながら、コンデジだってこんなに撮れるよ、と言っていたのを全て撤回せざるを得ないことに間もなく気づかれるでしょう。当然と言えば当然なのですが、それくらい「違う」写真が撮れますよ。

18-105のズームキットにして、35mmF1.8の単焦点を買われたんでしょうね。OM-Dの35mm換算は2倍ですが、Nikonは1.5倍なので、単焦点レンズはちょうど使い易いですね。105mmの望遠がちょっと物足りないかもしれません。

OM-Dのいいところはデジタルテレコンバータという機能がついていて倍にできるところですね。これはコンデジの電子ズームとは違って、まあまあ許せる範囲の写真が撮れます。だから150mmのレンズだと35mm換算で300mm、デジタルテレコンOnで600mmというとてつもない望遠機能が使えてしまうんですね。これは急場のときにとても便利です。

D5100だったら、LargeのFineで撮っておいて、ピクセル等倍で切り取れば超望遠並の写真は作れます。私の月面写真はそうやって撮りました。

日曜日はカメラ日和だといいですね。
安曇野もそろそろ花が咲き出してきました。カメラ抱えて来てください。

投稿: EUGENE | 2012年4月21日 (土) 07:30

赤蜻蛉さん

D5100はどうでしょうか?
あまりお天気良くないみたいですね。こちらは雨模様。防塵防滴のOM-Dなら関係ないか!(自慢)

それにしてもOM-Dのシルバーが品薄みたいですね。私が思うには、黒の方が売れると踏んで、シルバーの生産を少なくしたのではないかな。でも蓋を開けてみるとシルバーもそこそこ売れてなくなってしまったという… やっぱり売れているのは黒の方が多いような気がします。

で、GWを前に、カメラの需要が増えるこの時期、納品が間に合わないというところがOlympusの読みの甘さですね。赤蜻蛉さんをオーナーにできなかったんだから。

投稿: EUGENE | 2012年4月22日 (日) 07:08

天気に恵まれない事もあって基本操作学習中ですが根気が無くてなかなか進みません。シルバーが見栄え良いですよ。OM-Dは本体とレンズがアンバラみたいに思えてD5にしたけどこっちも105だとやはりレンズ大きすぎて外では恥ずかしい。テレコンは取説数行しか書かれて無いですよね。D5も何処かにないかと期待したけどあるわけ無いか。
モニタ画像はジワッとしてから落ち着く感じだし、撮像画像もこれといって感激ある訳でも無いし今のところは負けてるな。連休は帰省してきます。D5はお荷物でお留守番です。

投稿: 赤蜻蛉 | 2012年4月27日 (金) 19:35

赤蜻蛉さん

OM-Dは小さいです。オモチャみたいに小さいです。レンズもマイクロフォーサーズのレンズならAPS-Cのレンズよりはるかに小さく作れます。今、もう1本欲しいレンズ(広角ズーム)があるのですが、これも150gしかない小さなレンズで、マイクロフォーサーズでなければ作れなかったと思います。

たしかに、D5100のレンズは太くて大きいですよね。でもあれが構えたときに安定感あるんですよ。メチャクチャ重いわけでもないし。恥ずかしがらずにうんと使い倒してやってくださいな。ただし、あれを向けられた知らない人は逃げるか、文句言ってくると思われるのでお気をつけください。

投稿: EUGENE | 2012年4月27日 (金) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨のち晴れ | トップページ | 安曇野に春が来た »