« 32回目の結婚記念日 | トップページ | どのくらい小さいか »

2012年4月 2日 (月)

OM-D E-M5 が届いた

P4011207

 3月31日発売のOM-Dが、4月1日の午前中に届いた。カメラ量販店などでは3月30日にフライングして予約者に渡したりしていたようだが、私が予約したお店は決まりどおり31日に発送してくれた。待っている間に初期不良だの、わかっていたはずの文句だのレビュー記事を賑わした。

 上の写真はバッテリの充電中に、Pen E-P3で撮ったもので、装着しているレンズは45mmF1.8の大口径単焦点レンズ。後ろの長いレンズが、レンズキットに付属の12-50mmの電動ズームレンズ。正直言って、キットのレンズは長すぎて絵にはなりにくい。使う分にはさほど不便は感じない。

 チープな塗装と小川町のオリンパスプラザで見たときに私も思ったし、シルバーをフライングゲットした人の中にもそういう人が結構いたが、私は覚悟していたせいもあり、小川町で見たときの印象よりもずっと好印象で迎えることができた。ブラックは貼り革部分の柄が今でも好きになれないので、シルバーにして良かったと思っている。

 次の写真は、その小ささを表すためにNikonD40で撮った。横幅はE-P3よりも小さく、高さは若干高いが、E-P3にビューファインダを付けるとOM-Dよりも背が高くなるので、条件を同じにするとOM-Dの方が小さいとも言える。防塵防滴のマグネシウム仕様であるせいか、重さは若干OM-Dが重い。見た目はオモチャみたいに小さい。写真で明らかなように幅はiPhone4Sと同じ、高さはボールペンの半分くらい。女性の手でもカメラが小さく見える。

Dsc_6242

 現在も現役で活躍中のNikonD40と並べてiPhone4Sで撮ったのが次の写真。NikonD40がレンズフードをはずさないで撮ったため馬鹿でかく見えるが並べて見てそれほどでかいとは感じない。やはり一眼レフの中ではコンパクトなカメラで、やや重いものの、抱えたときの感じは安定している。

Img_0845

 それに対して、OM-Dは小ぶりすぎる感なきにしもあらずだ。しかし、レビューで多くの人が書いているように後付けグリップを付けないと持ちにくいという程のことはない。片手で撮ろうとしている人はたぶん持ちにくく感じるのだろうが、ファインダを覗くときは、やはりしっかり脇を締めてレンズの下を支えて持つから不安定さはない。加えて5軸手振れ防止が強力で、素早いオートフォーカス機能と相まって、不安定さが理由でピンぼけするということはほとんどない。内蔵EVFはE-P3の外付けEVFとスペックは同じだが、若干見えがいい気がする。とはいえ光学ファインダには及ばない。

 そして、初撮りをしに外へ出た。どこへ行こうか迷ったあげく、鹿島槍に向かったが、雪が大量に残るスキー場はもう閉鎖され、周囲の山も雲に閉ざされていて撮るべき景色はなかった。で、仕方なく、どこかのブログで見かけたことがある車のライトとフェンダー部分を一枚撮った。レンズは45mmの単焦点。何気なくシャッターを押してしまったのだが、結構ビシッと撮れている。天気のいい休みに朝から出歩かないとやっぱりダメだなと思う。それよりも、わかりにくくてたまらない取説をよく読んで、自分が使い易いようにカスタマイズしないとと思う。

P4010001


|

« 32回目の結婚記念日 | トップページ | どのくらい小さいか »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 32回目の結婚記念日 | トップページ | どのくらい小さいか »