« ギターの弦を張り替える〜エリクサー | トップページ | 時が凍る »

2012年2月18日 (土)

オリンパス OM-D

 昨年の秋にオリンパス Pen E-P3でマイクロフォーサーズデビューしたばかりなのだが、先日、かねてから噂のあった銀塩時代の名品OMシリーズのデジタル版が発表された。実は買って間もないPen をお正月、山の家の玄関で落とし、望遠ズームを壊してしまい、カメラの方も調子が悪く感じる。「感じる」というのは自分でもよくわからない程度なので、本当はサービスに出して点検修理を依頼すべきなのだが、簡単に点検を依頼できる店がないことと気持ちにそのゆとりがない。と同時にPenの後釜がが発表されることを知っていたから、その新製品を見てからと思っていた。

 予想通りOM-Dが出て、心がぐらついている。落とした望遠ズームもすぐに買い直したし、マイクロフォーサーズ用のレンズは3本持っている。もう1本欲しいマクロレンズもある。それらのレンズが使えるOM-Dは当然Penよりも進化しているし、値段も高い。デザインはかつてのOMシリーズに似ているようでどこか違うし、基本的にはPenの方が洗練された形をしている。Penを買った後も富士フィルムのX100が欲しくなったりして、物欲は昂進し続けている。一眼レフっぽい形よりもX100のような形の方に魅力を感じるのだが、OM-Dは一眼レフっぽいが復古調ではある。こっそり予約をしてしまおうか、どうしようか迷っている。

20120208112505_245_


|

« ギターの弦を張り替える〜エリクサー | トップページ | 時が凍る »

写真」カテゴリの記事

コメント

 報告が遅れてしまったけれど、って報告するほどのこともないし、まだモノが届いていないのだから、見せびらかすこともできないのだが、Olympus OM-D レンズキットを予約してしまった。価格.comで上位の方にあった(最安値ではない)お店を調べていると、夜になると価格.com上に表示された値段より7000円も安くするお店があった。しばらく不審に思って見続けていたが、結局このお店でポチッとしてしまった。色は悩まずにシルバーを選んだ。黒がこのカメラのイメージカラーのようで、オリンパスのサイトでも黒の映像の方が多く、予約している人の数も圧倒的に黒を選んでいるようだったが、私は、自分では買えなかった銀塩OMシリーズのイメージから離れられずにシルバーにした。自分で買えるようになってから買ったフィルム時代の一眼レフもデジタル一眼レフのNikonも昨年のPenも全部黒だったのだが、どうしてもOMは銀色でないとならない気がしたのだ。まだ実物を見たこともないのに、こんな高価な買い物をしてしまう。どうかしてるな。

ついでと言っては何だけど、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8をAmazonのギフト券がたまっていたので注文。このレンズは本文に書いた狙っているレンズとは違うレンズで、本文に書いたのは広角レンズだったのだがこれは中望遠の単焦点。画角が難しいのと、接写ができないのが難点なのだが、Nikonでも明るい単焦点の中望遠が結構お気に入りなので買った。このレンズ、安いことと写りがいいことが理由なのだろうが今は在庫無しで入荷待ち。春から夏にかけての安曇野を撮りまくってやろうと今から楽しみにしている。

 

投稿: EUGENE | 2012年3月 5日 (月) 21:49

 金曜日、FERMATAに付き添ってお茶の水の病院に行ったついでに、小川町のオリンパスプラザへ行ってきた。東京は一日雨で寒かった。お昼休みだったのだが、ショールームにお客はほとんどおらず、お一人様5分とOM-Dのコーナーは時間制限されていたが、どうぞごゆっくりと言われた。実機を見もせずに予約してしまったので、とりあえず実機が見てみたかった。

 黒は引き締まっていて格好いいがやはり貼り革の部分の幾何学的な模様が好きじゃなかった。シルバーは貼り革部分といい、全体の醸し出す印象がレトロで良いのだが、一眼レフのペンタにあたる部分を含めて、金属の質感が安っぽく、銀色の塗料を塗ったプラスティックのようだった。シャッター音も静かでいいという人が結構いるが、私は、Nikonのパシャリという音の方が好きで、OM-Dの音はオモチャの楽器のような音だった。

手ぶれ防止はよくわからなかった。

一つだけよいなと思ったのは、EVF(電子ビューファインダ)で、Pen用に後付けで買ったE-V2とスペックは全く同じだが、見え方がEVFの方が少しリアルだった。これもOVFには負けている。

私がいじったシルバーにはハンドグリップが付いていて、片手で握っても安定感があったが、重く感じた。外して普通の状態で握ってみたかったが他にシルバーが置いてなかったので試せなかった。確かに一眼レフよりも小型で軽量なのだが、Nikon D40の手にしっくりくる感じはなく、むしろNikonの方が軽く感じた。いずれにしても、期待していたほど感動はしなかった。あとはどんな絵が撮れるか、実機が届いてたくさん撮って体感してみないとわからない。

カメラの隣にレンズが置いてあり、これも注文済みの45mmがあった。軽くてもろにプラスティックという感じだったが、これも外観より写りが問題だから、使ってみないとわからない。

しかし、製品の隅々までにこだわって作られるアップル製品と比べると、徹底度が足りないなと思う。APPLEの製品がすごすぎるのだが。

投稿: EUGENE | 2012年3月10日 (土) 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギターの弦を張り替える〜エリクサー | トップページ | 時が凍る »