« 今さらながら〜AirPlay | トップページ | バッテリ〜やっぱりだめ »

2011年2月12日 (土)

MacBook Air のバッテリ異常

 年度末に入ってブログを更新するゆとりがなくなった。この3連休も仕事に出るつもりだったが、雪も降り続き出かける気がしない。

 だからというわけではなく、仕事でMacを使いたくて、本当に久しぶりにMacBook Air(初代)を立ち上げようとしたところ、予想どおりバッテリが完全放電していてアダプタにつないだ。ところが、Macがバッテリを認識しない。「使用できるバッテリがありません」と表示される。実はこのAirのバッテリは使わなくなる直前にAppleStoreに持ち込んで自費で交換をしたばかりだったから、へたっているはずはないと思ったのだが。アダプタをつけたままいろんなことを試してみたが、システム終了をしても、マグネットのランプはグリーンのままで、充電を始める気配がない。

 Apple史上に残るもっとも美しいマシンだと今でも思ってはいるが、家にしかWi-Fiがなく、iMac27inchを使い出してからは、出番がほとんどない。水戸からまもなく帰ってくるM乃は出たてのVistaを使っていて、Macを使いたがっていたから、OSも他のソフトウェアも最新版が入っているこのMacBook Airをやろうと思っていたのだが、このままじゃやれない。AppleStoreに修理に出すというのも何だか9万そこそこで新しいMacBook Airが買える今、馬鹿馬鹿しい気もする。

 というわけで、くだんのMacBook Airを開きながら、iMacでMacのバッテリについてのサポート記事を読んでいた。しばらくバッテリのことなど気にしない生活をしていたので何だが頭がついていかない。そんなとき、寒さが原因かもしれないと思った。ストーブはつけているが、部屋の壁際に裸でおかれ続けたMacBook Airはアルミのボディのせいもあって氷のように冷たい。今、ホットカーペットの上で暖を取らせながら、シャットダウン中のアダプタのマグネットを一旦外し、つけなおした。グリーンだったランプがオレンジに変わった。充電を始めたのだろうか。とりああえず、緑になるまで放っておこう。

 ちなみに使わないことはわかっているのだが、新しいMacBook Air 11inchが欲しい。というか、ここまでポチッとしなかったことが不思議だ。デザインに難癖をつけたり、フラッシュストレージの容量の少なさを心配したりしながら、気持ちを押さえてきた。iPadも結局は買わずに我慢し通し、新しいのがそう遠くない将来出る気配まできた。たぶん、我慢し続ければMacBook Airも少し進化して出直してくる。そもそも今調子が悪いと話題にしてきた初代MacBook Airだって、買って1年もしないで、苦い思いをした。わかってはいるのだけれど… どうなるんでしょうかね、私の物欲は。

|

« 今さらながら〜AirPlay | トップページ | バッテリ〜やっぱりだめ »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今さらながら〜AirPlay | トップページ | バッテリ〜やっぱりだめ »