« ジョブズのプレゼンテーション | トップページ | しゃくなげ荘〜市民の日 »

2010年7月20日 (火)

「襟巻きをしたiPhone」〜"We want every user to be happy"

 iPhone4の受信電波問題が揺れている。事の発端は、アンテナがしっかり立っていても、通話が途切れたり、ブラウジングが止まったりしたことによる。当初AppleはiOS4の問題として、iOS4を4.0.1にバージョンアップした。ところが、受信状態を示すアンテナ表示を実際より過大に見せるという「不具合」を改善したものの、受信電波の減衰は変わらず、本体を取り巻くステンレススチールバンドが原因であることを認めた。その対処策として本体を取り巻くBumpersと呼ばれるゴムと成型プラスチックを組み合わせた「襟巻き」を無償で提供することになった(正式なアナウンスをApple Japanでは行っていないが、すでに今届いている人にはBumpersが同梱されている)。

 iPhone4の公式ページではそのデザインについて「ステンレススチールバンドは・・・信じられないほど薄く洗練されたデザインをもたらしました。このバンドは、iPhone 4の2種類のアンテナとしても機能します」とうたっていながら、仕様のページではアクセサリとしてではなく、Bumpers for iPhone 4を紹介している。

 私のiPhone3GSは裸で使っている。シリコンのカバーだの傷防止のシールだの貼ってない。だから傷はそこそこ付いている。それでも、1年間使えば次の機種が出てきて多分欲しくなるのだし、もとよりバッテリがダメになれば本体ごと交換なのだから傷が多少付いたっていいと割り切った。

 だから今回の一連の問題が起こる前は新しいiPhone4も裸で使うつもりだった。そうでないとあのステンレススチールの軽快さが損なわれるではないか。だから私が問題にしたいのはそこではないのだ。それよりもAppleは電波の減衰に制作段階のどこかで気づいていたのではないか、ということなのだ。あれだけの技術集団がOSのミスで感度のいい表示をさせてしまったなどということは考えにくい。今になって、電波の減衰がおこるのはスマートフォンならどれでも同じだ、とコメントしているくらいだから、最初からアンテナ表示をいい状態で示すようにOSを変えちゃえ、という発想が出てきてもおかしくない。だからこそ、減衰させないために最初からBumpersなどという子供騙しの「襟巻き」を前面に押し出して売り出したのではないかという推論が成り立つ。ここまではAppleのiPhone4に対するデザインと技術上の問題とのすりあわせが十分になされぬまま、早く市場に投入したかったということで許しちゃってもいい気がする(Appleに対して甘いなあ、私は)。

 問題点は2つ。1つはわかっていた問題を事前に公表しないでうまくすり抜けようとしたのではないかという点。本国では訴訟問題に発展しているが、日本では公表後もあまり影響なく売れているとのこと(もともとソフトバンクのアンテナがあんまり立たないしね)。けれども、もし万が一事前にわかっていたのならちゃんと説明すべきだったと思う。
 問題点の2つ目は、問題点1を実証するかのように今頃になって、スマートフォンのアンテナについて、上にリンクしたページで他社製品をやり玉にあげてそういうものだと言い募る往生際の悪さが気になる。iPhone3GSも裏の下の方を手で触っていると減衰するというので試してみたが、確かに安曇野のもともと電波の弱い場所で指摘されている部分を押さえるとアンテナはどんどん消えていく。他社の携帯は試していないがDoCoMoの製品なら元の電波が強いから大丈夫かもしれないが、たぶん減衰はするのだろう。だからといって今頃他社製品を持ち出してまでiPhone4の問題を当たり前のように公表するAppleにはやり方が汚いんじゃないの、という気がしてならない。

 昨日予約に行くと言ってきたM乃にちょっと待った!をかけた。ステンレススチールバンドのあの細い溝を何とかするかもしれないし、このまま行くかもしれないからもう少し待った方がいいと止めたのだ。私ももう少し待とうと思う。ジョブズから何とか納得できる答えを聞いてからでも遅くはないと思っている。Appleは、ジョブズはあれだけ自慢げに商品をプレゼンテーションしたのだから、ちゃんと謝るためのプレゼンを用意すべきだ。でないと、ガマの油売りと変わらぬプレゼンテーションで終わってしまう。9/17の記者会見でジョブズは "We're not perfect" と言った。どうも往生際が悪い。アンテナがいろいろなものの影響を受けることを私たちは何度も経験している。だから、その言わんとしてることもわかるのだが、それにしてもここまでのAppleがこの問題に対して行ってきた対処の流れに疑問を抱くのだ。
 
 私はiPhone4を遠くない将来手に入れるだろうと思うが、襟巻きは着せないで使うつもりだ。私が買うのはiPhone4の機能とともにあのデザインなんだから。

|

« ジョブズのプレゼンテーション | トップページ | しゃくなげ荘〜市民の日 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョブズのプレゼンテーション | トップページ | しゃくなげ荘〜市民の日 »