« 10日ぶりの安曇野 | トップページ | 沿道から »

2010年5月31日 (月)

MacBook Air 再び

CA4A7659-52A6-445F-91C9-0EEAC1CCCDC3

世の中が iPad で浮かれている中、毎度のことながらほんの少し出遅れるのをよしとする私は喉から手が出るほど iPad が欲しいのを我慢して、この時も登場から3か月くらい遅れて買った MacBook Air を棚の文房具品の下から引きずり出してきて交換してから何度も充電していないバッテリを充電しながら電源を入れた。

買った時の感動は薄れているものの、やはり美しい造形に惹かれる。最速の iMac と比べるまでもなく、実家にある白い MacBook と比べても遅いし、LEDディスプレイの抜けるように美しいiMac 27インチに慣れた目には間の抜けた発色に唖然としてしまう。MacBook Pro の重さが重厚さに感じられるほどの軽さにも半端さを感じる。なのに、MacBook Air は時代を画した Apple の白眉である。Apple はなぜ Air をもっと劇的に発展させなかったのかわからない。

立ち上げた途端、Atok のアップデートが始まった。Apple のソフトウェアアップデートをさせると30分近くかかった。アプリケーションを起動させようと叩くとドックの上で「まだかよ!」と毒づきたくなるくらいバウンドし続けている。でもまたこの愛する Air をもっと使ってやろうと思う。そう思わせる何かを MacBook Air は確実に持っている。

|

« 10日ぶりの安曇野 | トップページ | 沿道から »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105891/48502353

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air 再び:

« 10日ぶりの安曇野 | トップページ | 沿道から »