« 漱石を読み直す | トップページ | 胃カメラと腰のレントゲン »

2010年1月28日 (木)

$499

 無精ひげがちょっと目立ち、頭が去年よりもう少し薄くなったけれど、他にはどこも変わるところのないJobsがいつもと同じ黒のハイネック、リーバイス、ニューバランス姿で私たちの前に現れた。実はそろそろだと待ち遠しく、Appleのサイトを見に行っていた。トップページのiMacの写真が他のもの、そうiPadに変わったら、Jobsの元気な姿が見れると思っていたから。

 そして今日AppleのサイトのトップページがiPadに変わった。早速1時間半ものポッドキャストで、Jobsのプレゼンを見た。

Ipadjobs

 私はiPadにはもうずっと前から期待していなかったから、見たかったのはJobsの元気な姿だけだった。電子ブックに否定的ではない。でも青空文庫を読んでいる限り、iPhoneでも十分楽しめているのは前の記事で書いた。紙の本は私自身はもういらないとも思っている。で、このiPad、iPhoneとMacBookの中間に位置づけられているが、中身はたいしたことはなくそのインパクトは想像以上に小さく、「どうだい、すごいだろう?」と言うJobsの声に会場もたいした反応を示さなかった(気がする)。私が惹かれたのはケース(これがないとタイピングできないだろう)と、非現実的な16GBにつけられた$499という正札だけがiPadで惹かれたところだ。それも値段の安さではなく499という数字が好きなだけなのだが。

 というわけで、私はプレゼンテーションをした会場に敷かれていたダークグリーンのカーペットとその上に置かれたル・コルビジェのLC2 グラン・コンフォートにばかり目がいっていた。とりあえず、iPadはパスするだろう。2世代前のMacBook以来、iPhoneやiPodを含め新製品はたいてい買い続けてきた私もiPadはいらない。それより山の家にずっと置きたいと思い、あこがれ続けているマレンコがどうしても私に近づいてこないので、ここは今回の会場のモスグリーンのカーペットとコルビジェのソファーを買いたいなと思った。

Lc2jobs


|

« 漱石を読み直す | トップページ | 胃カメラと腰のレントゲン »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

 早速、ル・コルビジェのソファーをググってみたら、もう意匠権が切れていてリプロダクト品が馬鹿みたいに安く売られている。ちょっと気が抜けた。わざわざ高い本物が欲しいというわけではないけれど、かといってリプロダクト品に手を出す気もない。

 フリッツ・ハッセンもそうだけれど本物とリプロダクトとは似て非なるもの。著作権切れの青空文庫の漱石とはやっぱり本質が違うんだな、とつくづく思う。

投稿: EUGENE | 2010年1月28日 (木) 22:59

Kindleがイマイチなので、Queに期待していたのだけれど、それまたイマイチ。
iPadは悪くないと思うけど、EUGENEsんが言うように中途半端な印象。

ワタシは、
・大きな画面で、本が読める。
・大きな画面で、メモが取れる
 (文章を練れる)
  →キーボードは外付け"が"いい。
・ブラウジングできる。
・使ってないときは、音楽プレイヤー付きフォトフレームになる。
てな、ブツが欲しいです。

PanaのMW-10と、電子ブックを合体させたような製品がほしい。
http://panasonic.jp/compo/mw10_7/index.html

投稿: の~ | 2010年1月28日 (木) 23:42

の〜さん おひさ

MW-10とiPadじゃ、全然用途が違うんじゃないかな。やっぱりiPadはモバイルですから。

テレビみたいな画面で電子ブックを読むのはいやかな、私は。iPad片手にページをめくる方がずっとおしゃれで良い。今のところ、iWorksが載せられる仕様らしいけれど、MS OfficeのiPad仕様もでるとのこと。そうなれば、MacBookに近づきますね。ならば、Airでいい気もする。Air用の電子ブックリーダを入れて、iTunesで購入できればそれでいい。

キーボードは外付けでない、浮かび上がる形がiPadの肝ですから、これは譲れない。画面が汚れるのは覚悟の上で、浮かび上がってくるフルサイズ(に近い)キーボードは叩いてみたい。

一番気になるのはバッテリの交換です。MacBook Airで面倒な思いをしましたから、これは自分で交換できる方がいいです。つまりは中途半端に大きいiPhone、といった領域からどれだけMacBookに近づき、あるいは越せるか、が期待の的だったのですが、今現在は、iPhoneに近かすぎますね。

投稿: EUGENE | 2010年1月30日 (土) 23:48

 日本版3G仕様のsimをDoCoMoが提供か。

 これ以上課金のかかる端末を持つのもなあ。でもちょっと魅力あるかな。

投稿: EUGENE | 2010年1月31日 (日) 11:58

お久しぶりです。ipad記事でやって来ました。僕はipadは日本人のライフスタイルには合わないと思っていました。電車の中でどうやってあの板を操作しろと言うのだろうか、万が一落として壊れた時の代償が大きいのではないだろうか、などなど。
課題が多過ぎるような気がするのですが、いかがお考えでしょうか、と思っていたらブログに書いてあったので、なるほど、と納得しました。

そういえば我が愛しのimacは、元気に働いてくれております。
問題なのは、僕自身がマジックマウスに翻弄されて、操作が上達しないことぐらいでしょうか。

それでは、また立ち寄らせていただきます。
お身体、御自愛ください。

投稿: Mt.fuji apple | 2010年2月 1日 (月) 21:53

フジさん

やっと気づきました。リンゴのフジだってことを…(もし違っていたらごめんなさい)

で、iPadですが、電車の中でも座れたら別に操作できますよね。私なんかMacBook Airを膝の上で開きますから(すっと周囲の視線が集まりますが)。でもMacBook Airだと3G通信できないのでやっぱりダメです。Wi-Fiの繋がるお店で開けば格好いいんですが安曇野にはそういうお店がありません。だからiPhoneで格好良く決めています! 町に出れば電波はつながりますから。

iPadがiPhoneを大きくしただけじゃなく、他のMac同様のソフトが全部動けば、やっぱり買うんじゃないかと思います。ただそのためには$499じゃ無理でしょう。

私のiMacは半分以上テレビとビデオを見る機械に徹しています。とってもきれいなディスプレイだからテレビは買う必要がなくなります。マウスは慣れるしかないです。早くWindowsの呪縛から抜け出すことです(笑)

投稿: EUGENE | 2010年2月 1日 (月) 23:09

iPadの大きさについて書くの忘れました。あれはやっぱりアメリカ人仕様ですね。でっかい人なら良いかもしれないけれど小っこい私みたいな人間にはiPhoneのほうがぴったりです。老眼以外にネックとなるものがない、というのがiPhoneを使って思う感想です。

たしかにハラリと落っことしそうですし。でも、売り出されればきっといろんなケースが出てきますよ。あのまま使わないと格好つけるためには意味がないけれど。ちなみにiPhoneは裸で使ってますがまだ傷一つ付いていません。傷ついた頃には電池が使えなくなり、本体ごと交換になるはず。それよりも前に次のiPhoneが出てきて、きっと乗り換えてしまうはず… 

Macの沼にはまるの時間の問題です。フジさんも。

投稿: EUGENE | 2010年2月 1日 (月) 23:18

なんか、でたらWi-Fiバージョンの一番安いのを買ってしまいそうな状況です。

先週、FERMATAの誕生会を私の実家でするために上京したとき、私の母がiPhoneに興味を示し、それはいったい何なのかと聞いてきました。名前のとおり携帯電話であると教えました。DoCoMoの携帯を持っているのになんでiPhoneが必要なのかと聞かれ、困りました。携帯なんだけど、ほとんど携帯としては使っていないで、音楽聞いたり、いろんなソフトを使ったり、と説明しても要領を得ませんでした。キムタクがギター弾いてるけどあれもできるの?と聞いてきたので、ギターのアプリを立ち上げて弾いて見せました。山ほど入っている映画を見せたり、アプリをいじって見せたりしました。

思った以上の興味の示し方でしたが、難点は字が小さくて見えない! そこで、iPadがもうすぐ出るから買ってやるよ、と言ってしまいました。

そのときわかりました。電話としては使わない。家は無線LANが敷いてある。iPhoneに、あるいはiPhoneの機能(アプリ)に興味ある。外に持ち歩かないけれど家の中は持ち歩きたい。字が大きくして見たい。…そういう人にはいいかもしれない。とりあえず、ローエンドのiPadを買ってやって、どうせ設定だの、使い方の説明をしてやらないとならないだろうかそれをしていれば、たぶん私のiPadへの興味はそこで満足し、その後もそれなりの使い方をされるだろう、ということで出たら母へのプレゼントにしようと思いだし、それで妙な安心感に達しました。

投稿: EUGENE | 2010年2月11日 (木) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漱石を読み直す | トップページ | 胃カメラと腰のレントゲン »