« TVキャプチャーユニット買い替え | トップページ | 久しぶりの休日気分 »

2009年12月15日 (火)

13.3から27へ、あるいはワンルームから3LDKへ

(第一報)
 とてつもなくでかい送付用の箱からもう一つのでかい箱を取り出し、テーブルの上に置いた。こいつはでかい。それに比べてキーボードがいかに頼りないことか。マウスもスルメイカみたいだ。

 今、TimeMachineから情報を転送している最中。10分ちょっとで終わりそう。

(第二報)
 情報の転送があったためそこそこ時間がかかったが、その分を入れても1時間以内でこれまでと全く同じ環境を作り出し、当たり前のように使い出す。

Imac27

雪豹の顔の大きさは私の顔より大きい

 実にこのMacはコンピュータ機能を持ったテレビだ。モノラルだったMacBook Airと比べるとものすごい迫力の音がする。これまでつないでいたオーディオスピーカは必要なくなった。iPhoto用に縮小したビデオの類は画面が荒いが見れなくはない。SnowLeopard用に買ったTVキャプチャのピクセラのPIX-DT181-PU0をつなぐとまさに大画面の地上波デジタル映像を見ることができる。600万画素のNikon D40で撮った写真も画面フルサイズのスライドショーで恥ずかしくなるくらい顔のシミまで表示される。

 ただし、普通のパソコンとして使うにはあまり近くで見るには画面が大きすぎて見にくい。かといって遠く離れると字が見えない。拡大して使えば字は見えるが、これだけの大画面が普通のソフトウェアで必要かといえば必要でないとも言える。
 良いと言った音もあくまでAirと比べたらの話で、初代iMac DVの全面についていたあの丸いハーマン・カードンのスピーカの音の方がずっとよかった。今度のiMacのスピーカはディスプレイの下についているのだが、音が裏側の方から聞こえる。まあ、欲を言えば切りがないと言うことか。

 マジックマウスの使い勝手は期待を裏切らない良い出来である。ただし画面が広いために右端で開いているアクティブ画面からアップルメニューに移るのに遠いから大変である。広い家の隅でインタフォンで来客を確認してから玄関先まででるのに時間がかかるのに似ている。ディスプレイの美しさは宣伝どおりである。こんなPCを見たことはない。

 スピードは特別速くなったという気はしないが、ストレスは全く感じない。たぶん、しばらく使い慣れて、初代MacBook Airを使ったらのろく感じるだろうという気はする。メモリが倍になっているのも効果はてきめんで、いくつもソフトを開いたまま何かしていてもそのことを忘れている。データやシステムの移行もマックお得意で慣れているから、あっけなくこれまでの環境を引き継いで作業を開始できてしまう。せっかく新しいMacを買ったのに、とむしろ多少は苦労したいと思うほど簡単に同じ環境のパソコンがもう一台出来上がってしまう。

 とにかくこれで安心して明日からFERMATAはテレビ漬けになれる。Airでは時間が経つと熱をもって画面が駒落としになってしまうので下に氷の入った袋を置いて見ていた。写真を楽しみ、テレビを楽しみ、音楽を楽しむFERMATAのオモチャになれば私一人の物欲で買ってしまったiMacも対費用効果が高くなるだろう。

【使用上の注意】27inchのMacを設置するにはかなり広い机が必要である。ディスプレイの表面積はMacBook Airの4倍である。とにかく想像以上にでかいことを覚悟して買わないと後で困ることになるだろう。

|

« TVキャプチャーユニット買い替え | トップページ | 久しぶりの休日気分 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

 項を改めて書こうかとちょっと悩んだが、裏にコメントとして書いておく。

 新型のiMacがきてから、気分がすっきりしない。楽しくない。入れてあるソフトウェアも設定も何もかもがMacBook Airと同じで変わり映えがしないということもあるだろう。それにしても嬉しくない。その理由をずっと考えていて気がついた。

 このiMacは美しくないのである。ただの家電そのものである。デザインがなされていない。少なくともデスクトップ(一体型のディスプレイ)を前から見ている限りどこにも魅力的な意匠を凝らした跡が見えない。「息をのむほど美し」かったMacBook Airはもとより、何と言うことはないMacBookにしてもそれなりにデザイナーの思いがマシンから立ち上っていた。ところが、この形になってからのiMacはどれも格好良くない。決して不細工じゃないし、洗練されているとも思うのだけれど美しいという表現をこの平らな板に感じないのだ。

 強いて言えば後ろ姿は格好いいといえなくもないが、この大きさじゃ裏側へ回って眺めるなんてことはまずしない。そう思い始めるとちゃちなキーボードもマウスも別に美しい造形がなされているわけではない。なんかAppleらしくないな、という感じである。初代のiMacが何とも愛らしかったことを考えると、ずいぶん老けたMacだなと思う。Macintosh Classicの可愛らしさのあと、MacはつまらないPCをたくさん出したが、今のiMacはそのころに戻って行ってしまうのではないかと心配になるくらいおもしろくない。

 だからといってWindowsにする気もないけれど…

投稿: EUGENE | 2009年12月17日 (木) 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TVキャプチャーユニット買い替え | トップページ | 久しぶりの休日気分 »