« Snow Leopard をインストールする(ATOK2009編) | トップページ | 細字の誘惑〜万年筆生活 »

2009年10月31日 (土)

Snow Leopard をインストールする(ファーストレビュー)

 もともとMacBook Airのスペックは出たときから低く、それでも当時はそれを承知でみんな飛びつき、そこそこ我慢できていたのだが、今となってはどうしようもなく遅い。それでも職場で使っているWindowsマシンよりはずっとましなので、我が家で一番新しいMacBook Proと比べない限りはまあこういうものかと思えていた。そこへ現れたのがSnow Leopard君だった。新規性には乏しいが、速さと軽さを売り物にした地道な進化を遂げたOSであると思えた。

 だから、古いマシンに新しいOSを入れることをタブーとしてしてきた私が今回初めて導入に踏み切ったのであった。結果としては、慣らすまでは速くない、というのが印象だ。これと言って新しい動作の違いは表面的には見えてこないが、速さも同様で、ドック上のアイコンを叩いたあとのバウンズの回数は減ったけれども実際に起ち上がるまでの時間は大して変わらない。むしろ、OS入れ替え後初めて立ち上げるアプリケーションは遅くすら感じる。いやたぶん遅い。ところが、導入後しばらくあれこれいじりだしてみるとそこはかとなく速くなっているのを感じる。でも劇的に速くなったと手放しで喜べるほどじゃない。

 HDDの容量が増えたことは確かだが、10GBくらいどうということはないともいえる。

 とりあえず安定して使えるようになればそれでいい。結論はOSはその同世代のマシンで使うのが一番正しいあり方だと思う。アプリも同じ。同世代のアプリが一番安定して使える。当たり前のことなのだ。ということでどうしてもSnow Leopardを「らしく」使う気であれば、最初からSnow Leopardの載った速いマシンを買うのが一番で、それも時間の問題で次のOS、さらに速いマシンが出てくる。評判に踊らせられない強い意志が必要だ。たぶん、Windows7も同じことがいえるのじゃないかと思う。

 何も新しいことがなかったかのように鎮座するSnow Leopard君に敬意を表してデスクトップのショットだけでも…

Photo_5


|

« Snow Leopard をインストールする(ATOK2009編) | トップページ | 細字の誘惑〜万年筆生活 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Snow Leopard をインストールする(ATOK2009編) | トップページ | 細字の誘惑〜万年筆生活 »