« Snow Leopard をインストールする(本番編) | トップページ | Snow Leopard をインストールする(ファーストレビュー) »

2009年10月31日 (土)

Snow Leopard をインストールする(ATOK2009編)

 車のタイヤ交換を済ませて帰宅するとアップデートは終わっていて、再起動するとMacBook AirのOSは Mac OS 10.6.1になった。今度はATOK2009 for Macをリモートインストールするのだが、ここでつまずいた。

 光学ディスクドライブのついたMacBookにATOK2009のディスクを入れ、MacBook Air のファインダからリモートディスクをたたいて、MacBookのATOK2009ディスクを選択するが、ダブルクリックしてもAirの側でディスクが開けない。しばらく悩んであれこれ手を打ってみるがダメ。ATOK2009がリモートディスクに対応していないのではないかと思い、ジャストシステムのサポートに電話で尋ねると、他の媒体を入れてリモートディスクが働くかどうか調べるよう言われた。なるほど! そばにあった少し前に抜いたばかりの Snow Leopard のDVDを入れると、DVDのアイコンは表示されるがたたいても開かなかった。当然、Mac側の問題だ。

 次にアップルのサポートセンターに電話をすると、長いこと待たされたあげくに訳のわからない「素人」のオペレータ嬢が出て、マニュアルどおりの指示をする。再起動してPRAMクリアである。もうやりましたよ、というのにもう一度、という。指示どおりやって同じ状態だと言うと、しばらく無言の状態で(マニュアルを読んでいたのだろう)が続いた後、「お客様の状況について詳しいオペレータと代わりますのでしばらくお待ちください。その者が無償期間の過ぎたMacBook Airのため、有償またはそれ以外のご提案をさせていただきます」と言った。ちょっと待ってよ、マシンの問題なら有償はわかるけれど、OSの問題なら、まだ90日は無償でしょう。「そのあたりの判断をさせていただくために他のオペレータに代わります」

 こちらが状況を説明するとすぐに飲み込んでくれる男性のオペレータに電話が転送され、ディスクユーティリティからディスク管理権の修復をするようにと指示する。ダメ。次にセーフブートを指示。これもダメ。何度も検証やら再起動をするから待ちの時間が長く、新しいOSのインストールについての一般論を話しながら時間をつぶしていると、途中で携帯電話が電池切れで会話の間にぷっつり切れた。すぐにアップルサポートセンターに電話を入れるが、またアップルらしいセンスのかけらもない保留音楽を聴かせられながら待つのは辛くて切った。

 実は私のMacBook Airではデスクトップに何かが並ぶのがいやで、ファインダの環境設定でドライブの表示をOFFにしてある。そこで、試しにドライブを表示させるとMacintosh HDDがマウントされ、その直後にATOK2009のディスクアイコンも表示された。ここから開けないだろうかとダブルクリックすると、あっけなくインストールの画面が出た。ATOKのインストールはそれまでのインストールと比べたらあっという間だった。アップルのサポートセンターにうまくいった旨を先の男性オペレータに伝えてくれるよう話した。電話を切ってしばらくすると、私の伝言はまだ聞いていない様子の男性オペレータから電話があった。向こうからも切れた後電話をしていたらしいのだが、こっちも順番待ちをしてアップルのサポートセンターに電話をしていたのだ。そこで、電話が切れたあとの状況を説明すると「初めて聞いた解決策です。参考にさせていただきます」と丁寧に応対してくれた。いったん地に落ちたリンゴを拾い上げて、まだこのリンゴ腐ってないな、とちょっとだけうれしくなった。

 というわけで今回のインストール劇はハッピーエンドで閉幕した。こいつはやっぱり休日でないとなかなか取り組めないな、というのが第一の感想。ATOKは2007でも動いたみたいで、2009にした新味はほとんどなし。慣れない部分が少しある分、使いにくいがこれも時間の問題だろう。

|

« Snow Leopard をインストールする(本番編) | トップページ | Snow Leopard をインストールする(ファーストレビュー) »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Snow Leopard をインストールする(本番編) | トップページ | Snow Leopard をインストールする(ファーストレビュー) »