« この週末 | トップページ | 安曇野市の建物 »

2009年7月12日 (日)

iPhone3GSに触ってきた

 FERMATAと二人で南豊科に近い、このあたりではいい地粉を使っているという石臼挽きの蕎麦屋へ蕎麦を食べに行った。

Img_0131

 蕎麦は細挽きと粗挽きの2種類あって、両方頼んで食べてみた。下の写真は粗挽きの方。

Img_0129

 どうも、蕎麦というのは難しい。それぞれがそれぞれ基準を持っていて、その基準から外れると仮にうまいと言われる蕎麦でもダメなこともある。で、この一葉という蕎麦屋の蕎麦がどうだったかというと飛びきりうまい!というわけではなかった。ただ、安曇野に来て食べた中ではいい方の部類だった。安曇野に来て10か月の間に食べた蕎麦の中では、残念ながら安曇野から遥か遠い戸隠の蕎麦がうまかったのでどれを食べてもそれが基準になってしまう。でも、たまには食べに行きたくなるお店ではあった。

 2度と行くか、と思った店は、蕎麦とは全く関係ないが、ソフトバンク穂高店。前に電話をしたら、新規か機種変か聞かれ、機種変と言ったら、その後で両方ないと言われた店だが、今日は直接店に行って同じ対応を受けた。両方ないなら新規か機種変か聞くなよ、という感じである。予約しますか、とも聞かない。その後で、ヤマダ電機に行って、ここは展示用のちゃんと動くiPhone3GSが置いてあり、いろいろといじってみた。確かにアプリの起ち上がり方や日本語入力はサクサクとしていて、旧iPhone3Gより2倍以上早いという宣伝は嘘じゃなかった。アルバイトのケバイおねえちゃんが予約すれば1週間後に入ってきます、と言った。1週間後はちょうど東京へ行くから、とりあえず予約はしなかった。早いこと、カメラがそこそこ使えるようになっていること、ビデオもちゃんと撮れることを確認したから、焦らなくていいやと思った。

 しかし、ソフトバンクは、店としてはiPhone3GSをあまり売りたがっていないみたいだ。きっと、携帯屋上がりの店だから、iPhoneなんて余計なものなのだろう。


|

« この週末 | トップページ | 安曇野市の建物 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この週末 | トップページ | 安曇野市の建物 »