« 米がない | トップページ | あずさ回数券 »

2009年6月26日 (金)

TimeMachine〜安曇野〜

 東京にめったに帰れなくなっているので、MacBook AirのTimeMachineはいつも停止状態。家に帰ったときだけ、TimeCapsuleでバックアップをとっているが、どうも心配なのと、これまで使ったことがなかったUSB接続の外付けHDDが使ってみたかったので(後者の理由のほうが大きい)、安い外付けHDDを買った。

 上のAmazonでリンクされているのは500GBのものだが私が買ったのは1TBのほう。1万円を切る価格で大丈夫だろうかと思ったが評判はすこぶるいい。昨日の朝注文したら、今日の昼前に届いた。今、フォーマットして、さっそくTimeMachineを作動させた。そんなに遅くないし、音も全然しない。15分くらい経った今、3GBを越えたところ。このまま、午後の仕事に出ると帰宅するまでには… 終わっているだろう。

【追記】せっかちな私は「とりあえず」届いた1.0TBのHDDがうまく動作するかどうか試したくて(せっかちではあるが結構用意周到な私はフォーマット時の問題点やパーティションの切り方をネットで調べ尽くしてから始めているから、ちゃんと出来るに決まっているのだが)、わずか1時間弱の昼休みに、自分でチンしたお昼ご飯を食べながら、上の作業をして、電源を入れたまま午後の仕事に復帰した。
 帰宅後、MacBook AirはSleep状態に入っており、バッファローのHDDも自動的に電源が切れていたが、バックアップはしっかりとれていたし、その後も何度か自動バックアップを行っていた。実にどちらも忠実な部下たちで、職場の若い衆を見習わせたい!?
 
 それにしても1G=10円である。音はApple純正のTimeCapsuleより静か、というより音がしない。熱ももたない。TimeCapsuleよりふたまわりほど小さい。遅いか早いか、どちらにしてもUSBだからそんなに早いわけではなく、もとよりバックアップをするために買ったのだから、黙って粛々と仕事をしてくれていればいい。ただし、DVD-Rに焼いたって、何に入れておいたって、所詮データを生涯保持するなんてことはムリなことであることは忘れないほうがいい。バックアップはあくまで、保険の一つに過ぎない。真似して買ってうまくいかないと言う人がいると嫌だから、絶対いい、とは言わないが、ま、マシンのHDDも軽くしておきたいし、バックアップもとっておけば安心だし、何せ1Gあたり10円だし、という軽い気持ちでいられる人にはお勧めの一品ではある。

 ちなみに私は、もともと80GBしかないAirのHDDのバックアップ用に3分の1、残りの3分の2を画像等のデータ保存とテレビの録画用にわけてパーティションを切った。電源用のコード以外をぶら下げないスマートさが売りのAirなのにUSBハブでコードがぶら下がっているのが非常に美しくないのが、難点であるが、TimeCapsuleにこのHDDが負けているのはこの点くらいである。

|

« 米がない | トップページ | あずさ回数券 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米がない | トップページ | あずさ回数券 »