« Y乃のチャルダッシュ | トップページ | 安曇野ライブカメラ »

2008年12月14日 (日)

真冬の桜?

Photo 枯れ枝に桜の花が咲いたように見える。
 朝から降った雪は日差しが差し出した午後になっても気温が低いために木の枝にきれいについたままで、まるで枯れ木に花が咲いたようだった。

 土曜の朝、FERMATAが高速バスで長坂まで来た。それに合わせて私が安曇野から車を飛ばした。長野側から見る八ヶ岳はくっきりと全景を現し美しかったが、小淵沢から長坂に向かう途中から山梨側に回り込むと雲がかかり、赤岳は頭を隠していた。遅れた私を待つ間、インター前のショッピングセンターで買い物をしていたFERMATAを乗せて、山の家に行く前に甲斐大泉駅前の温泉に行った。光は横溢しているのに遠くの山々は姿を見せず、富士は厚い雲の向こう側だった。FERMATAが風呂から上がってくるのを30分以上待って、ホカホカする体で山の家に上っていく。

 土曜日の夜から日曜の朝にかけて双子座流星群が見えるはずだったが、気温が高く、夜になっても雲は晴れず、満月ということもあってぼんやりと明るい夜の森が浮かんでいるだけだった。昼からずっと飲んでいたので飲み過ぎ、いったん寝たら、20時過ぎに目が覚めてしまい、薪ストーブの前でずっと火を見つめてぼうっとしていた。

 今朝目が覚めたのが8時。家の中はストーブの余熱で暖かく、今日も良い天気か、とカーテンを開けると外は一面の雪景色だった。雪は午後も降ったりやんだりで5cmくらい積もった。ちょっと心配になり安曇野の同僚に電話すると、雪は舞う程度で畑がうっすら白く見える、という話だった。そして帰り支度を始めないとね、と話し出したころから日が差しだし、木の枝から落ちる細かい雪の結晶がキラキラと光り、木の枝に桜の花が咲いたように見えたのだった。短いけれど、ほっとする週末だった。

|

« Y乃のチャルダッシュ | トップページ | 安曇野ライブカメラ »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Y乃のチャルダッシュ | トップページ | 安曇野ライブカメラ »