« 検索フレーズランキング | トップページ | 18ヶ月分のスケジュールノート »

2008年9月 6日 (土)

iPhoneの注目度

 先日、スーパーあずさに乗って松本まで行き、そこからさらに穂高まで出かけた行き帰り、ずっとiPhoneで遊んでいた。iPhoneの充電器は持っていったのに、DoCoMoの充電器は持っていかなかったのでDoCoMoは最初の晩にバッテリ切れになった。だから、電話はiPhoneでかけた。

 最初こういう新しモノを外で使うのが何だか恥ずかしい気がするのだが、今回感じたのは全然注目を浴びなかったことだ。むしろiPhone発売直後に、iPod touchを使っていると、iPhoneと間違えているとわかる周囲の視線を感じたのだが、今ではiPhoneなんて誰も気づかないみたいだった。田舎だからかと思っていたら、山の手線の中でも感じない。iPhone 3Gは日本では失敗!というIT系ブログに書かれていたが、確かに当初のような勢いはもはやない。所詮日本人は保守的だから、MacにしてもiPhoneにしてもApple信者でもないとそう容易に踊らないのだろう。MacBook Airを中央道のSAで、FREESPOT経由で使っていても誰も見ないという経験をしたことがある。ちなみに何という機種か知らないけれど、あずさの隣の席に座ったビジネスマン風スーツ姿の男性は、私のiPhoneには一瞥もくれずに、バイオの小型PCを出してExcelをいじっていた。つまり、iPhoneやMacBook Airを使っている私の方が過剰に注目されるのを期待しちゃってるだけで、世の中は案外冷めた目でしか見てないってこと、なのだ。

|

« 検索フレーズランキング | トップページ | 18ヶ月分のスケジュールノート »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索フレーズランキング | トップページ | 18ヶ月分のスケジュールノート »