« 熱い東京から逃げる | トップページ | iPhoneのGPSで遊ぶ »

2008年8月10日 (日)

iPhone 3G のある生活

 iPhone 3G(16GB・黒)を家から一番近いSoftBankショップでゲットした。すでに昨日のうちにA乃が入荷していることを確認していたのだが、取り置きはできないというので、今日山から下りてくるまで残っていたら買おう、なかったら予約しようと思っていた。本当かどうかわからないが、若い店長が最後の1台ですといって店の奥から出してきた。
 もう長所短所調べ尽くしているし、料金体系もなにもわかっているし、先頃ファームウェアが2.0.1に変更されたことも知っている。加えて、iPod touchもiPhone 3Gと同じファームウェアに変えて試用済みだから評判の悪い日本語推測変換もわかっている。したがってあまりわくわくもせずにただ手続を済ませ、iPod touchよりもずんぐりとしたiPhoneを受けとってきた。恒例の開封の儀は、店頭でさせられてしまったので、家で襟を正して正座して、という様式美は叶えられなかった。

 鞄の中に入れて持ち運ぶつもりなので一応革のケースを買った。入れて使うのではなく、鞄のなかで動き回るときにいろんな物とぶつからないために入れておくケースで、一見ルイヴィトン、タイガ風で、SoftBankがどこかに作らせているもののようだ。そのうちめんどくさくなって傷だらけになるのを気にしないで使い出すかもしれないが、一応、最初だけでも、という感じである。

 家に帰ってiTunesと接続し、簡単な設定をし、iPod touchのときの設定を同期させると、中身はiPod touchと同じになった。MacBook AirにMacBookの設定を移行したら、MacBookが2台できたように感じたのと全く同じ。とりあえず、家の中ではSoftBank 3Gのアンテナは5本全部立っており、インターネットもメールも我が家の遅いADSLにWi-Fiでつないだときと同じくらいの速度でつながった。パケットフルの料金体系が変更になったけれど、安く抑えようという気がないので、あえてWi-Fiはoffにしている。 Wi-Fiが使える環境ということは、MacBookでインターネットできる環境なのだから、あえてiPhoneでインターネットをしたりメールチェックする必要はない。特別、Wi-Fiのほうが早いのならまだしも、うちはWi-Fiのスピードが前述のとおり遅いので余計にそうなのだ。

 あっけなく設定できてしまうし、やりたいと思ったことはすぐできてしまうし、なんだか物足りないくらいである。

 ちなみにDoCoMoに設定してあったパケ放題は今月いっぱいで切る。あとはSoftBank携帯を使っている人と午後から夜にかけて電話をしてみたいのだが、知り合いにSoftBank系はほとんどいない。

 院長先生に電話してみようかな。「ただ友」がいないのはとっても情けない…

|

« 熱い東京から逃げる | トップページ | iPhoneのGPSで遊ぶ »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱い東京から逃げる | トップページ | iPhoneのGPSで遊ぶ »