« MacBook Airのある空間 | トップページ | Time Machineでの旅 »

2008年3月 9日 (日)

森の先住者たち〜鹿

  ピンぼけのキツネの表のHPにも書いたが昨日今日と鹿の親子が我が家の庭を散歩していた。初めてその姿の撮影に成功した。とりあえず画像のみをアップする(今回は少し大きな画像にしたため、サムネイルをクリックすると重いです)。Rawファイルを色を少し濃いめに出し、コントラストをつけたが、トリミングはしていない。300mm(35mm換算)望遠、当然手持ちで撮影した。

*アップロードは管理会社のFREESPOTを利用させていただいた。

Ojika08_2 土曜日の朝、寝室のカーテンを開けると鹿の親子(母鹿と子鹿2頭)が森の中をゆっくりとこえていった。そのあと、少しして父鹿が家族を見守るように周囲に注意を向けながら進んでいった。ベッドの縁に肘をついて、窓越しに撮る。逆行で鹿は暗く表情がはっきりしなかったが、レタッチすると表情が見えてきた。でもこれ以上明るくすると撮影時の印象とあまりに違ってしまうのでこの程度にした。気に入っている写真で今壁紙にしている。

Kojika09_01_2 翌日曜日の朝、半分期待しながら寝室のカーテンを開けると目の前に子鹿が1頭だけいた。昨日の父鹿を見た方向と同じ東側だが、曇っていたので雪の明るさでちょうど良い明るさで撮れた。少しだけコントラストをつけて、色をはっきりさせた。これも気に入っている写真だ。

Mejika09_2

Kojika09_02_2

Oyako09_3

Kojika09_03_2

Hurikaeru09_3

 これらの写真は先の2枚と反対側の西側の林の中にいた母子鹿。木々の向こうにいたためピント合わせが難しかった。一点測光のAUTO撮影である。母子2頭が見つめている方向には遅れてきた子鹿が雪の解けたうちの前の道を歩いている。いつでも鹿たちは家族一緒に行動する。これらも家の中から撮った。たぶん外へ出たらすぐにも森の奥へ矢のように飛び去ってしまっただろう。

|

« MacBook Airのある空間 | トップページ | Time Machineでの旅 »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

鹿の写真ぶれもなくよく撮れていますね。うちのあたりでは日本カモシカを見たことがあるんですが、鹿は見かけません。以前八ヶ岳倶楽部の近くで車の前を集団で横切ってびっくりしたことあります。朝早い時間でした。彼らは明るい時間に行動するんですね。

投稿: 無双庵 | 2008年3月 9日 (日) 17:36

無双庵さん、ご無沙汰しておりました。

無双庵さんのHPでお庭に現れたカモシカの写真見せていただいたことがあります。だいぶ前でしたね。あの写真を見たときからうちの近くにも現れないかなと思っていましたが、今年のお正月に大きなカモシカを見ました。朝食中、窓の外を横切って行きましたがカメラを構える暇はありませんでした。

日本鹿は何度も出会っているのですが、カモシカと違って人を見るとさっと逃げ出してしまうので、なかなかシャッターチャンスがありませんでした。庭には鹿の糞がまとまってあったりするので庭を通り道にしていることはわかっていたのですが、今回はとってもラッキーでした。行動時間は明るいときに限らず、真夜中でも林道を渡っていく集団をよく見かけます。

写真がぶれていないのはカメラがいいせいで、腕のせいではありません(笑)

駅前の管理会社の無線LANを使わせてもらってアップして、今東京に帰ってきましたが、帰宅時、私の前を雉の子が「ぼくはきみには全然気づいちゃいないんだから!」と心の動揺を抑え、あくまでも平静を装いながら私に目もくれず、歩いて林の中へ入っていきました。雪が残っているために夜は氷点下4℃くらいまで気温が下がりますが、着実に春が近づいているのを感じました。


投稿: EUGENE | 2008年3月 9日 (日) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MacBook Airのある空間 | トップページ | Time Machineでの旅 »