« 時代は変わる〜虎ノ門鈴傳 | トップページ | もし走っていたら… »

2008年3月18日 (火)

MS Office 2008からiWorkへ

 Office2004をMacBookと同時に買って、2月にアップグレードキャンペーンで手に入れたOffice2008はとにかく起ち上がりが遅くていらいらしていた。職場ではOfficeを使っていて、我ながら結構Excelはものにしていると思っているが家では大したこともしていない。Wordは勝手なことをしてくれて文章を書くのもExcelで済ますくらい。でも、昨今のセキュリティ管理統制の強化で家と職場でファイルを交換するなんてできなくなった。職場のPCからファイルを取り出すこともできないようにガードが掛けられているし、家で作ったファイルを持ち込むことも普通にはできないようになっているから、家で仕事上のファイルを扱うことはなくなった。

 さらにA乃にMacBookをあげて、そこにOfficeをインストールしたため、シングルライセンスを2台で使うのは違法だ。というわけで私のMacBook AirからOfficeを削除し、iWorkを買って入れた。Pages、Numbers、Keynoteの3つが入ったiWork '08のほうがOfficeよりはずっとMacに似合う。ExcelはもともとMac用に開発されたソフトだし、いじくると面白いのだが、2008からVBAが使えなくなっている。それでもExcelをちょっとNumbersで代用するのは荷が重そうだが、前にも書いたように家では大したスプレッドシートを必要としないからこれで十分と考えることにした。Pagesは縦書きができないことに多くの人の不満が集まっているが、縦書きなんかしないからいらない。そもそも文章はワープロソフトでは書かず、テキストエディタでばかり書いているからワードもほとんど使わない。それよりもPagesはDTP的な使い方がさくさくできる。Wordもテンプレートが増えて使えそうだがPagesのDTP機能のほうが優れている気がする。KeynoteについてはもはやPowerPointの敵ではない。実用でこれらのソフトを使うことはあまりないのだが、遊ぶにはとてもいい。ゲームをするよりはiWorkで遊ぶほうが楽しい。お仕事ライクじゃないところがMacぽくていい。

 それでいて値段はOfficeの半分以下〜1/3程度だから、ビルゲイツに義理立てする必要もない。AppleStoreで買うよりAmazonのほうが少し安い。送料なし、翌日発送はAppleStoreと変わらないからわざわざAppleStoreで買う必要もない。最初からMacにバンドルしてくれてもいい気もするが、クラリスワークス以降有料になっている。でも定価9800円という価格はやっぱり破格だ。

|

« 時代は変わる〜虎ノ門鈴傳 | トップページ | もし走っていたら… »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

 やっぱりNumbersはExcelにはかなわない。どんなに使う目的が違うんだと思ってもできないことが多すぎる。今一番困っているのは枠の固定ができないこと。次にオートフィル機能がないこと。家で楽しむ分にはこれでいいと思っていたがここまで違うと逆に体に染みこんだExcel臭を消さないといけない。

 数時間かかって削除したOfficeだが、Excelだけでも入れ直そうか(むろん2004のほうがExcelとしては優れているから戻すとすれば2004に戻すが)。悔しいからExcelなんて仕事で使えばいいんだと割り切るか。悩むところだ。

投稿: EUGENE | 2008年3月21日 (金) 00:10

 Numbersについて昨日書いた困った点について解決策を見つけた。

 まず枠の固定。タイトル行や集計をしている行を残して下に長く伸びた行だけをスクロールできるようにするのが固定枠の設定なのだが、この枠固定の設定のかわりに、今使っている行とこれまでの行の幾つかを残して、固定したかった行以外の、上方のすべての行を表示させなければとりあえず済む。私が固定枠を必要としていたのは車の燃費計算のためのシートだったので、一気に多くの行が増やしていくものではない。だから、この方法でとりあえず、入力した行がすぐに上に置いた平均、最高、最低の燃費などの行に反映されるのは確認できる。これでよしとする。

 つぎにオートフィル。これはとっても便利なExcelの機能だったが、Numbersにも"並べ替えとフィルタ"パネルというのがあって、オートフィルを掛けていなくても条件に一致する行を表示させることができる。私の場合は、CDリスト(クラシックのみ)が作ってあり、作曲家、演奏家、曲名等でオートフィルで検索をかけることが多かったが、Excelのオートフィルのオプションを使うように、必要な条件にあったデータを表示させることができる。これも、Excelのオートフィルを使い慣れた頭では不便にも感じるのだが、ほぼ同じことができるからよしとする。

 考えてみれば使い出したばかりのNumbersがExcelと全く同様の機能を同様にできるのなら、それはExcelを使うのと同じなのだ。Excelと違って当然。これから作っていくことになるスプレッドシートはNumbersらしいファイルになるだろう。結局いくつも作ってあったExcelファイルの中から燃費計算とCDリストの二つだけを残して(これらには長い間のデータが蓄積されているから)あとはすっぱりと全部捨てた。
 Numbersでは、さっそくチェックリストを作ってみた。月々の日にちの決まった支払いをリスト化し月間の支払総額を表示させるいわば Don't Forget! ファイルにIFSUM関数を組み込んだ簡単なもの。チェックボックスには銀行引落が済んだものに自動でチェックマークが入り、チェックマークが入ると支払済額がIFSUM関数を入れてある、その月の合計欄に表示されるというだけのものだ。遊び出すといろいろとわかってくるものだ。安易に評価を下してはいけないと反省している。

投稿: EUGENE | 2008年3月21日 (金) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代は変わる〜虎ノ門鈴傳 | トップページ | もし走っていたら… »