« 雪 | トップページ | 加速度 »

2008年2月 5日 (火)

MacBook Airに興味を持った同僚へ

Features_gal03_20080115 Macを使ったことがない同僚がMacBook Airに興味を持ったのか、USBポートはどこについているのかと尋ねてきた。一応教えたけれど、自分で調べないで聞いてくるようじゃ買わないほうがいい、と答えておいた。とりあえずMac信者の私にとってはMacに興味を持ってくれただけでうれしいが、でもMacBook Airは、最初のMacとして買うコンピュータじゃない、とも。マウスでUSBを使っちゃったらUSBが足りなくなる、とその同僚。あれれ、Airのマルチパッドを使わないでマウスをぶら下げる気? どうもお勉強不足みたいだから、それだけでMacBook Airユーザになる資格なしだね。
 
 このすばらしくスタイリッシュなMacを使うためには、ワイヤレス通信環境が必要で、かつ、バックアップとストレージを兼ねた大容量のHDDは必須だ。今どき、80GBのHDDなんてすぐに足りなくなる。だから、ワイヤレス環境から構築するなら、いっしょにTimeCapsuleも買ったほうがいい。光学ドライブがついていないから、もう一台家にMacがあったほうがいい。Windows PCでもリモートドライブとして設定することができると説明されているが、おそらくMac相手のほうがずっとスムースだろう。

 私はモバイルマシンに光学ドライブだのFireWireだのLAN用のイーサネット・ポートだのは必要ないと思っている。そこがAirという名前の由来だ。IOポートについているヘッドフォン端子(一番左)は外で音を聴く場合に必要。USBポート(中央)はカメラなどからデータを取り込むのに使う。Micro DVI(一番右)はプレゼンテーションなどで使う。十分じゃない、これで? なんでもかんでもくっついていないと損した気がする人はMacBookAirを買うべきじゃない。それじゃなくても高いんだから。もしMacに興味を持ったなら、新しいMacBookかiMac を買ったほうがいい。そこで身につけたMac環境の快さを知って、どこへでも持ち出したくなったら、そのときMacBook Airを買うべきだと思う。必要なものを一応装備したMacを持ち歩きたければMacBookを持ち歩けばいい。格好のよさからだけでAirを買ったら後悔するだろう。MacBook Airに対する非難が集中しているのは、スペックの低さより、普通のノートパソコンについているものがついてないことだ。そういう批判をする人はMacBook Airなんか買わないほうがいい。MacBook Airはお金持ちのおもちゃだと書いているブロガーがいた。確かにそういう面が大ありだけれど、おもちゃと決めつけるのならビジネスライクなPCがたくさんあるからそれを使えばいい。

 私がMacBook Airを迎え入れようとするのは、最低限の構成をすでに持っているからだ。買おうと思ってまだ買っていなかった外付けHDDは家用のワイヤレスLANのベースステーションを兼ねたTimeCapsuleをいっしょに買おうと思っている。今あるベースステーション AirMac Expressは唯一MacBook Airといっしょに持ち運ぶ外部機器になる(もう一つ外部機器というよりは本体の一部でもあるかっこよくなった電源ケーブル)。とりあえず山へ行ったらステレオに繋げてiTunes の音楽を聴くことができる。旅行に行ってFreeSpot環境でなかったときのためにLANをつなぐことができる可能性が高い。22万強が高いかどうか、それぞれの価値観にかかっている。私は少なくともこのスタイルと無駄のない構成を考えると決して高くはないと思う。決して安くもないけれど。HDDの小ささは、中身のデータすら何から何まで詰め込んで歩く必要はないから80GBくらいで我慢する。オンボードで拡張性のないRAMも2GBだから、これ以上増やす気もないからよし。
Design_keyboardair20080115
 最初、MacBook Airを買わないわけにはいかないと思い詰めたのは全体の美しさだったけれど、今、一番気に入っているのはステンレスの筐体にはりついた、周囲の照明が落ちてくると自然に光り出す黒のキーボード。当然USキーボードを選ぶ。JISキーボードのキー配置の不自然さと、ひらがな表示のみにくさが、たまらなく嫌だ。英数やカナキーは重宝だが、昔からのMacユーザはコマンド+スペースで切り替えは可能だから問題はない。もうすぐ手元に届くはずの友人は、人に見せびらかすためだから、と言っていたが、私は見せびらかすより自己満足したい。そのために徹底的に使い倒す気でいる。どこにでも簡単に持ち運べてさっと使い始めることができるコンピュータは、始終そばに置いておいてことあれば使う。そのためにTPOに合わせた、HDDの構成を考えておく。そうやって使い込まれれば、寿命の短い今のコンピュータもかけたコストを取りもどすことができると思う。使いこなすことがそのマシンにとって一番大事なことなのだと思う。

 だから、今日、私にMacBook Airについてあれこれ聞いてきた同僚よ。MacBook Airはおやめなさい。どうしてもMacをというのなら、MacBookの一番安いやつを買ってMacの使いやすさを堪能してからになさいな。

|

« 雪 | トップページ | 加速度 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

 ここに書かれてしまった同僚がこの記事を読んで怒っていた(当たり前ですね)。でもさ、親身になって考えて言ってあげたり、言い足りなかったことを書いてあげたんだから許してね。

 そろそろMacBook Airが最初に注文した人たちに届きだしている。見せびらかしたいという動機で買った(この動機は非常にキッチュな感じがするが私には理解できる。ただし、私は本文にも書いたように自己満足のために買うつもり。これもかなりキッチュな発想だと思う。

 私はどうしてもTimeCapsuleと同時に手にしたいから、TimeCapsuleのほうのデリバリが始まるのとタイミングを合わせたい。TimeMachineというアプリケーションは使っている人に聞くととても優れものらしい。外づけHDDを買おうかどうしようか迷っているうちに、TimeCapsuleの登場で、外付けHDDを買わなくて良かったと思っている。くだんのTimeMachineを快適に使っている同僚は少し前に500MBのHDDを買ったそうで、TimeCapsuleが出て泣いている。無線LANのベースステーションであるAirMacExtremeと買ったHDDの値段を足すとちょうどTimeCapsuleと同じくらいらしい。それは泣くだろうなと思う。

 私はMacBookを買ってすぐにAirMacExpressを買ったので無線LANという点では被ってしまうのだが、AirMacExpressはベースステーションとしての機能の他にiTunesの音をステレオから出すという機能を持っているから、使いみちは被らないで済ませることができる。

 初期ロットが出尽くし、あちこちで不具合の報告(もしくはそういうことはないと思うが、不具合なしの報告)が固まったら買おうという悠長な気持ちは失せてきている。慎重な私としては珍しく冒険がしたくなっている。AppleStoreに私担当の女性がいるので、その人の内線電話に電話して相談してみたいと思っている。たぶん、それが私のポチッ!になってしまうと思う。

投稿: EUGENE | 2008年2月 7日 (木) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | 加速度 »