« 息をのむほど美しい! | トップページ | 満月を追う »

2008年1月19日 (土)

月齢10.6

Moon_01 満月は次の火曜日なので、今夜は10.6夜の月。何か撮りたくても昼間は時間がなくて撮れないので、一か八か月に挑戦。最初は、カメラのAUTOで撮るが真っ白な円が撮れただけ。ゴーストも出たりした。これだけ明るい月ならば、シャッタースピードを優先すればいい、と気づき、いろいろなシャッター速度で撮ってみた。望遠ズーム一杯にして、三脚は使っていない。SilkyPixで現像。画像をモニタしながら、いろいろいじくってみたが何をしたのかよくわからない。これだけシャッター速度が速いと露出不足で赤い月になった。
[ RAW 、レンズ: VR 55-200mm F/4-5.6 G、焦点距離: 200mm(35mm換算300mm)、露出モード: シャッター優先オート(1/800 秒 - F/5.6)、露出補正: +0.3 EV、ISO400]

Moon_02 今度は1/500秒で撮った。他のデータは同じ。これもSilkyPixで少し手を加えた。あまり手を加えなくても明るく撮れている。クレーターの凹凸も何となくわかる。3枚のうちではこれが一番気に入っている。
[ RAW 、レンズ: VR 55-200mm F/4-5.6 G、焦点距離: 200mm(35mm換算300mm)、露出モード: シャッター優先オート(1/500 秒 - F/5.6)、露出補正: +0.3 EV、ISO400]

Moon_03 今度は1/400秒でとる。いずれの写真も目一杯トリミングしている。手振れ補正(VR)のモーターがついているおかげで、空に向かったままの不安定な姿勢で、手持ち撮影した割には良く撮れているような気がする。
[ RAW 、レンズ: VR 55-200mm F/4-5.6 G、焦点距離: 200mm(35mm換算300mm)、露出モード: シャッター優先オート(1/400 秒 - F/5.6)、露出補正: +0.3 EV、ISO400]

 今夜の結論:デジタルカメラは撮ってすぐに確認でき、設定を変えていけるのがいい。液晶に映った白い月を拡大していってウサギの正体が見えてきたときはゾクゾクした。目の悪い私には眼鏡をかけていても肉眼だとウサギにしか見えなかったのに。今度山へ行ったら、三脚を使って、星を狙ってみよう。

|

« 息をのむほど美しい! | トップページ | 満月を追う »

写真」カテゴリの記事

コメント

EUGENEさん。
夕べ 外は寒かったですが、月は明るかったです。

SilkyPixはRawを画像にして見る事ができるのですね。
いい月ですね。
カメラの良さが、色や手ぶれ防止も含めて見えて来ます。
ひろしさんが先頃次に欲しいのはD40と言っておられましたが頷けます。

わたしは、撮ったJPGとRAWを二つ並べて見ています。
Rawの色の方が大抵の場合自然に近い色です。プリントをする時にはRawを画像にしてプリントします。
jpgはインターネットで使います。

見えないものが見えて来るゾクゾクがわたしにも伝って来ます。

投稿: takako | 2008年1月20日 (日) 03:28

takakoさん、

D40を買おうか、一眼レフではないけれど一眼レフ並の写真が撮れるCANONのS5ISを買おうか、ひと月ほど悩んでいたとき、背中をポンと押してくださったのは、takakoさんです。takakoさんのブログで、D40はRawとjpgが撮れるからいい、書かれているのを読んで、そうだなあと決心がついたのです。

もうすでにこのエントリクラスのD40は後継機種D40xが出ていたのですが、あえて600万画素のD40の方を選びました。コンパクトデジタルカメラがみんな800万画素で、そろそろ携帯電話のデジタルカメラ機能も500万画素になろうとしている今、600万画素で押さえているところがいいです。データも軽いし、扱いやすいです。私はプリントはほとんどしないし。

ただ、今回のようにトリミングして絵の一部を拡大しようとすると限界を感じます。テレコンバータが欲しくなります。

投稿: EUGENE | 2008年1月20日 (日) 10:27

私は、自分ではまだカメラが解っていないのです。
ただ持っているだけのカメラと使い切るカメラとあるような気が致します。
ミノックスかも知れないのですが消しゴムくらいのカメラも見ました。触らせてと言えなかったのですが、、、

私には想像もつかないのですが、カメラを選びレンズを選ぶのはその人の個性的な写真を撮るに同じだと思います。

私はカメラのモニターの小さい文字を読めないのですが、ヒストグラムを見ながら写真を撮るとゾーンシステムのゾーンを意識出来て画像が想像出来ます。カメラを買ってカメラがもうくたばりそうになって、使い方を解って来ている始末です。
eugeneさんのD40の世界楽しみにしています。自分では想像だにしなかった世界を見せていただけるのはとても刺激になりますし勉強になります。

投稿: takako | 2008年1月22日 (火) 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息をのむほど美しい! | トップページ | 満月を追う »