« 師走 | トップページ | 年末恒例の… »

2007年12月17日 (月)

双子座流星群と雪

D1000058 3週間ぶりに山に帰った。金曜日の夜は双子座流星群の特異日だった。明るいうちから上っていた月は新月から数日しか経っておらず、夜中には沈んでいるはず、そう思いながら高速を飛ばしていくと、勝沼辺りで曇り空になってくる。ちょっと心配。山に着いて、車を降りたFERMATAが「今星が流れた!」といった。うっすらとした雲が天空の大部分を覆っているのに、なぜか、オリオン座を囲む形で切れており、のぞき窓のような黒い空の一部に星たちがたくさんかたまっているように見える。その中をかなり明るい流星が流れたらしい。私も氷点下の庭に立ってしばらく眺めていたが、細い尾を曳いたいくつかの流星が見えた。夏のペルセウスのときよりはるかにたくさん流星が飛んでいるようだった。

 土曜日は一日曇り。といっても一日の半分以上寝ていたので正確にいえば私が目を覚ましていた数時間は曇りだった。

 日曜日、朝、FERMATAが起きてカーテンを開けると富士山のシルエットが見えたそうだが、私がその1時間ほどあとに起きたときは写真の状態。2cmくらいつもり、このまま降り続いて下りられなくなったらどうしようかとどきどき、でもちょっとわくわくもした。2,3時間降り続くとやみ、それから日が出てきたので、日の当たる場所はすぐに消えるくらいの積雪だった。それでも夕方近くに林道を下っていくと道は真っ白のままで、ぞくぞくしながらエンジンブレーキを効かせながらおりた。

 やっぱり山の空気はいい。来週の3連休は、Y乃がエキストラで参加するオーケストラの第九演奏会があり、プレゼントをもらいにだけ帰ってくるM乃が山についてこれないので、私たちもやめることにした。第九の合唱団は「飯能市民」とプログラムにあった。期待しないで聴きに行こうと思うが、チケットはもう売り切れ寸前で、ようやく手に入れた。

 そうこうするうちにもう今年もあとわずか。ダイアリーの残りページが寂しくなった。

|

« 師走 | トップページ | 年末恒例の… »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!

Takakoさんとはもう8年ほど、ブログを通じてお付き合いさせていただいております。

僕も山登りやトレッキングをして、風景や山野草の写真を撮るのを趣味にしています。

デジカメは一眼タイプのNikonD70(もう4年目)と予備にFinePix9000(ネオ一眼)を使っていますが、コンデジのFinePixZ3が便利なので、ちょい撮りには重宝しています。
広角から望遠まで付いているコンパクトなものが便利だと思います。
ブログ用ではあまり高画質のものは不要ですね。

投稿: hirospace(ひろし) | 2007年12月20日 (木) 09:32

ひろしさん 

ようこそおいでくださいました。美しい写真を見ると一体どんなカメラを使っているのだろうと思ってしまうのですが、ほんとうは感性の問題なんだと思います。感性を伝えるツールとしてカメラも携帯電話じゃちょっと…ですが。

Nikonですか。銀塩時代、私はペンタックス党、というかペンタックスとその周辺のレンズを持っていただけで技術は全くでしたが。今、一眼レフデジタルではD40が一番安いので惹かれています。たぶん今からのめり込むにはそう人生も長くはないから、この程度で十分と自分でも思っています。D40に18〜200mmのレンズ1本あれば一番なんですが、お買い得はやっぱり18〜55mmが付いているレンズキットなんですよね。レンズ交換をしてまで写真にこだわるかというとこだわりそうにないし、かといって55mmじゃ短すぎるし、ボディだけ買ってもレンズキットで買っても大して値段は変わらないし…と悩んでいます。

画質はブログに限らず、あんまり高画質は必要ないと思っています。600万なんてカシオのデジカメが出たときのことを考えたら夢のようですから。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: EUGENE | 2007年12月20日 (木) 21:29

EUGENEさんひろしさん こんにちは。
ひろしさんAOLでお会いしてもうそんなになりますかね。
お付き合い感謝です。
アメリカのカメラやさんで手に入るニコンと日本で手に入るニコンは違うかも知れません。
>NikonD70が四年目、
うまく使いこなしていますね。デジタルカメラはどんどん新しく成って行くので ちょっと失望しています。画素の問題だけでなくカメラを好きに成って使いたい。

四国のムーンさんは とてもいい写真を撮りました。裏山から撮って来る生物や花の写真の記録は画素やカメラの良さだけではない ムーンさんの目が生み出す写真をいつも感動して拝見していました。今、拝見出来ないのが残念ですが、、、

投稿: takako | 2007年12月26日 (水) 12:50

takakoさん

ムーンさんのお名前を久しぶりに目にしました。本当に時間を絵にしたような写真を撮られていました、ムーンさん。蝶が孵化する瞬間をとらえた写真を見て、私はひろしさんにお聞きしたのと同じ質問をムーンさんにメールでしました。そうしたら、ふつうのコンパクトデジタルカメラでした。カメラじゃないんだな、撮り手の心と腕なんだなと思いました。

デジタルカメラの進歩は早くて私はついていく気もなく、充電しても2,3枚撮るとすぐに電池がなくなる古いデジタルカメラをずっと使い続けていましたが、それをパソコンで整理するのも面倒になり、最近は携帯電話についたカメラでごまかしていました。でも、三女の成人式と次女の1年遅れの成人式、二人ともFERMATAとその妹の古い着物を着ることになったのでちょっといいカメラがほしくなりました。でも一眼レフよりもひろしさんが愛用されているネオ一眼のようなキャノンのカメラに目が向き始め、今、どうしようか迷っているうちにもう年末を迎えてしまいました。問題はカメラじゃなくて心と腕だと書いたばかりなのに、私の心はやっぱりメカのほうばかりを見てしまいます。

投稿: EUGENE | 2007年12月26日 (水) 22:38

SFベイエリアでは、色んな所がまだホリディ休暇に入っていて事務所が閉まっています。
車の流れもなかなかスムーズらしいです。
ハミング バードとリスが来る庭を眺めながら外にも行かず気ままな時を楽しんでいます。

携帯電話のカメラはなかなか便利ですね。ムービーも作れるらしい。何かを見つけて0.07秒の早さでさっとカメラで記録出来る人の脳は凄いと思います。私は10分くらい過ぎてから撮影すれば良かったと悔しい想いをします。10分も、ものごとが過去になると他の人と話題がずれてしまいます。

お二人のお嬢様が着物を着るのですか、これは華やかで素敵な時が来ますね。胸がわくわく致します。EUGENEさんFERMATAさん、ご家族の皆様にいい年が来ます。沢山写真に出来たらいいですね。

ムーンさんの蝶が孵化する瞬間をとらえた写真は他の人のホーム ページでも見ました。それほどすぐにムーンさんの写真とわかってしまう忘れられないイメージをくっきりと時を切り抜いて写真に出来る人ですよね。

投稿: takako | 2007年12月27日 (木) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師走 | トップページ | 年末恒例の… »