« 作庭術を学ぶ〜八ヶ岳倶楽部から | トップページ | パヴァロッティの死 »

2007年9月 2日 (日)

秋のはじまり

秋のはじまり

 気温15℃。長袖シャツを二枚重ね着してちょうどいい。さっき東京のY乃から電話があって、こっちも涼しいと言っていた。もう秋なんだなと感じる。
 朝一番に薪屋さんが薪を運んできてくれた。二回目で注文した分の2/3が届いたことになる。薪小屋がないからいつものごとくデッキ下に積み上げる。私と歳の変わらない薪屋さんは息も切らせず二束、三束抱えてくるのに、私は一束ずつ抱えてデッキ下にもぐるだけですぐに息が上がってしまう。
 写真の左側は去年の余り。今年も同じだけ頼んだので、安心して冬が迎えられる。

 草花は真夏から夏秋同時にあったが、ここにきて秋の花が目立ってきた。今一番目立つのは月見草と名前のよくわからない小さな菊。萩はもう盛りが過ぎた。庭のワレモコウは周辺の道端のものより大分遅れていて来週くらいにきれいに色づきそうだ。

|

« 作庭術を学ぶ〜八ヶ岳倶楽部から | トップページ | パヴァロッティの死 »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

屋外ミミズコンポストTWCの復活については先週のホームページの方で書いた。復活後2週間しかたっていないが、中は大量のアリで、巣をつついたような騒ぎである。

ただそんな状態の中でミミズたちも奮闘している。ここをミミズの住処と決めたのは人間の私でアリの許可を取ったわけじゃないからアリたちが侵入してきて怒る筋合いのものでもない。ましてやこの山の先住民である彼らを駆除する権限は私にはない。心の中でミミズの健闘を祈るだけ。織田裕二みたいに騒がず静かに…

投稿: EUGENE | 2007年9月 2日 (日) 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作庭術を学ぶ〜八ヶ岳倶楽部から | トップページ | パヴァロッティの死 »