« お天気雨@山 | トップページ | 連休の谷間 »

2007年4月29日 (日)

屋根の枯れ葉下ろし

屋根の枯れ葉下ろし
管理会社の月一点検で北側の屋根に積もった唐松の葉の掃除をしたほうがよいと報告があった。いつもの年だと降った雪の重みで一緒に落ちてしまうのだが今シーズンは寒い日暖かい日が交互にやってきて、落ち葉ごと雪が凍りついて、雪が消えた後も枯れ葉が大量の水分を含んだまま屋根にへばりついていた。

昨日は雷雨が来たり晴れたり変わりやすい天気だったが、晴れのすきまをみて、天窓から屋根の上に這い出て手の届く限りの重い落ち葉をこそぎ落とした。急勾配の屋根の上を歩くにはザイルでもないととっても無理で、方形(ほうぎょう)の三角形の底辺に山になって濡れた落ち葉が残ったままだった。

今朝は快晴で南アルプスの白い峰々が輝いている。地下の物置から脚立を出してきて今日は下から掻き下ろすこと挑戦した。東西に大きく傾斜している土地の上に建つ私の家は東側の屋根は一階分の高さだが西側屋根は二階分の高さがある。その上、地面は厚い腐葉土で覆われているから脚立は不安定だった。それでも二つ折りの脚立を一本に伸ばし、一番上まで昇って熊手でなんとか落ち葉の山を掻き下ろすことができた。家の本体からはみ出した庇にあたる部分は室内の温度が届いていないためまだ凍りついていた。

てっぺんまで昇っていないからわからないが、屋根にのぼれば四囲の山々が一望できるのじゃないかと想像していたのがそれは無理だということはわかってしまった。知らない方が幸せということはたくさんある。

|

« お天気雨@山 | トップページ | 連休の谷間 »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お天気雨@山 | トップページ | 連休の谷間 »