« 3ヶ月ぶりの病院 | トップページ | 楽譜売場を歩く »

2006年1月29日 (日)

ラストスパート

benkyouchuu06 センター試験も終わり、あとは志望校の受験3つを残すだけとなったM乃の山籠もり。前回は撮影を拒否されたので今回はそうっと梯子を上り、勉強中の後ろ姿を撮った。背中が丸まっていて姿勢が悪い。でも、寝転がらないと勉強できなかった私よりはましか… その間、父母は声を殺して酒を酌み交わしている。
 今回は着いた晩、小雪が舞い、アスファルトの林道もうっすら雪がかぶっていたが、夜景も星もくっきりと見えた。今年の冬の寒さは地元の人にとっても異常なようで、これからもっと寒くなる2月、3月に大雪が降るのではないか、と言っていた。氷点下15℃はもはや毎回のことで、去年より30%くらい多めに買っておいた薪がそろそろ底をつき始めている。前回も書いたように屋外のミミズは全滅状態で、屋内のミミズたちも活動はほとんどしていない。
bansyaku 毎日良い天気で餌を待つ野鳥たちが屋根の上でさえずり、餌をおくと即座に降りてくるようになった。周囲の山々もすべてくっきりと雪を頂いた山容を見せている。

 今朝、食事をしながら勉強の仕方について話をしていると、うざいなあという顔つきを露わにしつつ、お父さんが女装して身代わり受験してよ、とM乃が言った。いよいよというときになって弱音が出てきた。浪人してもいいからまあ気楽におやりと言ったが、いずれにしても新しい生活に向けてあと少しの辛抱になった。

|

« 3ヶ月ぶりの病院 | トップページ | 楽譜売場を歩く »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3ヶ月ぶりの病院 | トップページ | 楽譜売場を歩く »