« 版の違いとテクストの読み | トップページ | 賢者の贈り物 »

2005年12月18日 (日)

夜の仕事場

 大寒波があちらこちらに大雪を降らせているこの島国の、面白くもない町の、さらに面白くもない職場で、休みだというのに一日の仕事を終えました。昨日か一昨日満月だったのでふだんでも見えにくい星が今日は晴れているのにオリオン座さえやっと識別できる程度です。うちのMACでは見ることができないブログにお邪魔したりしました。

 この週末はクリスマスの三連休。月も翳るはず。クリスマス・イヴにはY乃がエキストラで出る室内楽団の演奏会があるのだが、聴くに耐えないくらいの楽団なので今回はパスさせてもらい、山へ逃避します。家族がそろわないのは残念だけれど、遊びにきてくれるという友人もおり、久しぶりに三連休を楽しんできます。退院したばかりの親父を誘いましたが、寒いところへ行く勇気がでないようで、たしかに循環器系の病気があけたばかりではつらい山の気候だと思います。

 誰もいない職場の中でぼんやりとあと何年仕事をしなくちゃならないんだろう、と考えたりしています。仕事が命、というような生き方は不幸だが、私のように仕事から逃げたくても生活のために逃げられない生き方はもっと不幸かもしれないと思います。適当なところで折り合いをつけてはいるのですが、そういう中途半端もつらいです。まあ、大金持ちで働かなくても食っていける人間じゃないから仕方ないと観念して、与えられた仕事をこなすしかありません。

|

« 版の違いとテクストの読み | トップページ | 賢者の贈り物 »

森の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 版の違いとテクストの読み | トップページ | 賢者の贈り物 »