« 趣味の文具箱3 | トップページ | 新しいVAIO »

2005年5月 9日 (月)

iMacの限界

初代の可愛いiMacはいまだにOSが9.2.2。Windowsでいったら98といったところ。そのためJavaスクリプトに不対応であちこちの便利機能のついたページで警告が出て機能制限を受ける。appleのサイトにJavaのセットをダウンロードしにいくともうOS X以下は相手にしておらず、落としてくるものがない。その結果、自分のBLOGの、今現に書いているこの新規記事作成ページ自体が不完全で、画像をアップしたり、文字の色や大きさを変えたりするメニューアイコンが全く出てこない。よそのBLOGでコメントをしようとすると文字化けし、書きたくてもかけない。

HDDも小さいから、もういっぱいいっぱいでときどきハングアップする。DVDを入れるとすごくいい音で迫力ある音と映像が見れるのだが、フロントローディングの押し出す力が弱くて入れたDVDが出てこなくなる。もうそろそろ限界だなと思うが新しいコンピュータを買う気がしない。カラークラシックからスタートしてデストップ3台、パワーブック2台。他にWindows95の入ったPC2台、Windows98が1台。ホームページを始めたのはWindows95のVHSビデオテープ大の小さなリブレットのころ。手でHTMLを書き込んで32Kという遅いモデムでFTPしていた。初代リブレット、2代目リブレットはいつでもデイパックの中にあり、職場にも旅行にも走る最中も持ち歩きつづけた。NYから、ウィーンから、そしてパリから毎日の行動をアップし続けた。その98の載ったリブレットはまだ長女が大学の宿題を書くのに使っている。あの小さなキーを屋外でもホテルのベッドの上でもブラインドで打っていたのだから驚く。

そうしてこのiMacを最後にPCとも縁を切るつもり。ということは私のサイトも放置されることになる。何だか寂しいような小気味よいような感じがする。

かつてリブレットがないとどうしようもないように感じていた私は今、万年筆と一時くさしたMoleskinの古くさいノートブックがないと財布を忘れてきたときよりおろおろとしてしまう。時代の流れに逆行して生きることへの自負がこの天の邪鬼のおやぢにはある。

|

« 趣味の文具箱3 | トップページ | 新しいVAIO »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

せっかくコメントをつけられるので、コメントをつけてみました。

投稿: ぴょ | 2005年5月10日 (火) 21:31

おっと!メルアドを入れずに送信したら、はねられるかなぁ?って思って送信したら、出来てしまいました。

投稿: ぴょ | 2005年5月10日 (火) 21:33

誰もコメントをつけてくれないので見えているのは自分だけかなと思って、職場のLANにはつながっていないADSLで外部につながっている唯一のコンピュータでアクセスしたらちゃんと見えた。ぴょも見えてるのね。よかった。takakoさんのおすすめのPRAMクリアを何度かやって(昔はよくやったのだが最近はすっかり忘れていた)、何度も出てくる「jscriptにエラーがあります」というメッセージを徹底的に無視していたら、小さなアイコンが2個だけ出てきた。OfficeのWORDみたいなメニューバーはどうしても出てこなかったけれど、画像の添付だけは出来るようになりました。

投稿: EUGENE | 2005年5月10日 (火) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 趣味の文具箱3 | トップページ | 新しいVAIO »